自分の便秘タイプを知ることが大事

便秘を改善するには、
まず自分がどんなタイプの便秘なのかを知っておく必要があります。
便秘はタイプによって改善方法が異なりますので、
決して判断を早まって間違った対策を取らないようにしましょう。

便秘の原因となりそうな心当たりを探そう

便秘に悩まされているという人は常習性便秘である可能性が高く、
常習性便秘は分類として3タイプに分かれます。

弛緩性便秘

筋力不足による腸の働きが低下するのが原因

直腸性便秘

便意を我慢しすぎて便意自体が喪失してしまうのが原因

けいれん性便秘

ストレスなどで自律神経が鈍り、腸の働きに影響するのが原因

まずは、上記のタイプの中から、
自分の生活で便秘になってしまう原因はないか、
しっかりと確認しましょう。

その上で、きちんとした対策を取らなければ、
便秘症状を悪化させることになるでしょう。

また同じタイプの便秘でも、その原因が異なることも当然あります。
上記に挙げたのは代表的な原因と考えられるもので、
その他にも、生活習慣の悪化や食バランスの偏りなど、
便秘になる原因は様々です。

こうした便秘の詳しい原因を探るのは素人では難しいかもしれません。
そのため、あまりに便秘が長続きしてしまい、
原因もよく判断できないようなら病院に相談しに行ったほうがよいでしょう。

便秘を引き起こしている体の部位はどこ?

便通に異常があるということは、
内臓のどこかの働きがおかしくなってしまっているということです。

こうしたことは素人には判断しにくいものでしょう。
しかし、その原因、おかしくなっている箇所が分かれば、
その対策を取るのは難しくありません。

ここでは、便秘の原因となる事柄から、
体のどこに異常があるか判断する簡単な判別方法を紹介します。

原因の項目に心当たりがある場合は、
その旨を医師に伝え、原因を特定してもらいましょう。

  • 近い過去に開腹手術をした
  • 副作用のある薬を服用している

→小腸に異常があるかもしれない?

  • 下剤を長期間飲み続けている
  • 中年以上で体が老化してきている

→結腸に異常があるかもしれない?

  • 便意を頻繁に我慢する
  • 痔に悩んでいる

→直腸や肛門に異常があるかもしれない?

  • ダイエットをしている
  • 食事のメニューを良く考えず好物ばかり食べている

→食生活に問題がある?

  • 職場や家庭の環境が辛い
  • 月経前に精神が不安定になりやすい

→ストレスや自律神経に異常があるかもしれない?

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る