便秘を解消するために善玉菌を増やして腸内環境を整えよう

腸内には善玉菌と悪玉菌と呼ばれる2種の菌が生息しており、
これらのどちらが活発に活動するかで環境の優劣が決まります。

そのため、便秘を解消するには善玉菌の活躍を助け、
悪玉菌の働きを阻害するのが最適です。

善玉菌は病気予防、悪玉菌は病気を誘発する

よく勘違いされているようですが、
腸内では、善玉菌と悪玉菌が常に生息しており、
どちらかが完全に死滅してしまうということは基本的にありません。

しかし、数の増加や減少、そして活動が活発になったり、緩慢になったり、
という変化は常に起きています。

そのため、まず便秘を予防するには、
この腸内の善玉菌をできる限りサポートし、
常に悪玉菌よりも善玉菌が活躍するようにすれば良いのです。

善玉菌と悪玉菌の役割

腸の中で善玉菌が優位になると、腸内を酸性に保つように働きます。
体に入ってくる悪性の菌は、後述する悪玉菌を含めてアルカリ性を好むため、
酸性を保つことで腸内環境は良くなり、
様々な病気からも守ってくれます。

一方、善玉菌の働きが弱くなり、腸内がアルカリ性に傾くと、
悪玉菌が繁殖するようになります。
この悪玉菌は繁殖しつつ、有毒な物質を作り出してしまうので、
増殖するとガンなどを発症する危険性を高めてしまうのです。

善玉菌は減っていく

腸内環境は、善玉菌と悪玉菌のどちらが多いかで決まります。
そして強弱というわけではありませんが、
腸内を酸性に変える善玉菌は、悪玉菌の力よりも強く、
摂れば摂るほど腸内環境は良くなっていきます。

しかしながら、善玉菌はずっとそのまま腸内に残るわけではなく、
自然に死滅して減少していってしまいます。
これが悪玉菌が増加する原因になるのです。

また便秘と悪玉菌の関係も問題です。
腸内に長く留まり腐敗した便は悪玉菌の絶好の温床です。
そのため便秘が続くと悪玉菌の増加に拍車がかかってしまうのです。

こういった腸内環境の悪化を防ぐには、
自然に減少してしまう善玉菌を外部から取り込むしかありません。

そこで有効な方法が、
ビフィズス菌を含むヨーグルトなどを摂取すること。
そして、これと合わせてオリゴ糖を摂取することが重要です。

ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌のほとんどは、
大腸に届く前に死んでしまうため、
実際に大腸に到達するのは非常に少なく、
これだけでは腸内環境を改善するのは難しいのが現状です。

しかしオリゴ糖はビフィズス菌の増殖を手助けする作用があるため、
一緒に摂取すれば少ないビフィズス菌でも、
腸内環境を良くするのに十分な効果があります。

もちろん、1回や2回食べた程度で腸内環境が良くなるわけではありませんし、
また善玉菌は常に減少してしまうので、
長期的に摂取を続ける必要があります。

ですが、これはどんな便秘予防策も同じこと。
気長に続けることが大切なのです。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る