便秘の予防には朝起きた時の冷たい水や牛乳がおすすめ

便秘予防の一策として、
朝方に腸がすぐに目覚めるような環境を作るのはとても重要です。

目覚めたての体は休眠中の働きを取り戻すように活発に動き出すので、
朝方は便通が起こりやすいといわれています。

この習慣をつけることが便秘予防、快便の第一歩と考えましょう。

冷たい水や牛乳で腸を起こそう

朝方、起きたばかりのときは、体がまだ眠っている状態で、
その働きは緩慢なままです。

そのため、朝に起きたら冷たい水が牛乳をコップ1杯飲むようにしましょう。
特に牛乳には腸を刺激する作用がありますので、
このショックで腸を活発に働かせることができます。

またこの朝方の水には、便を柔らかくする効果も期待できます。
飲んだ水は、場合によりますが数分で腸に達するといわれていますので、
このとき便と混ざり、朝の快便につながるはずです。

ちなみに、朝方に飲む水がミネラルウォーターならなおさら効果大。
ミネラルウォーターには便を柔らかくする効果のあるマグネシウムなどが、
豊富に含まれているため、
さらに快適なお通じが期待できるでしょう。

けいれん性便秘の人は注意

しかし便秘がちの人でも、朝に水や牛乳を摂ってはいけない人もいます。
それはけいれん性便秘の人です。

けいれん性便秘は腸の働きが活性化しすぎて便秘になる症状ですから、
それに重ねて刺激を加えるような行為は、
逆に症状を悪化させてしまうことになります。

しかし、けいれん性便秘の人でも、
健康な便を作るために水分の補給は必須です。
そのため、朝に起きたら、できるだけ刺激を与えずに、
しかも水分を摂れるよう、
白湯やホットミルクなどを少しずつ飲むと効果的です。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る