副作用の少ない漢方薬で便秘を改善しよう

「漢方=自然な生薬」というイメージから、
副作用が少ないと思っている人も多いと思います。
市販の製品も煎じてお茶のように飲むタイプなどもあるので、
そうした商品イメージからも安全なイメージがあるのでしょう。

しかし漢方も薬の仲間なので、効き目が強いものは副作用も強くなります。

現在便秘に効果があるとされている漢方は11種類ありますが、
多くの漢方系の市販薬に含まれているのが「大黄」と「センナ」です。

これらは刺激性のアントラキノン系下剤に分類される漢方成分で、
大腸のぜんどう運動を促す効果がありますが、
効き目が強く腹痛や下痢などの副作用を起こす場合もあります。

また習慣性があり効果が徐々に落ちていくことに加えて、
長期間使用することで大腸メラノーシスを起こし、
大腸機能を低下させる恐れがあります。

副作用が少ない漢方とは

便秘解消に効果のある漢方の中でも副作用が少ないものとしておすすめなのは、
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や麻子仁丸(ましにんがん)です。

これらの漢方薬にも大黄は含まれていますが含有量が少なく、
代わりに小腸に作用する硝や麻子仁を含みます。
小腸はもともと下剤の副作用を受けにくい器官なので、
その点でも安心して服用することができます。

ただし漢方によっては体質に合わないものもあるので、
漢方薬局や専門医に相談した上で、
自分の体質にあったものを処方してもらうようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る