医師と相談の上で下剤の種類を定期的に変えよう

便秘が長引いている人は、
まずは病院で検査を受けた上で医師に改善策を相談しましょう。
便秘の原因が病気の場合もあるので、
自己判断で下剤などの使用を続けることは危険です。

また長期間下剤を使用していると「下剤依存症」になる場合もあります。

便秘は日本人の国民病と言われるほど一般的な症状なので、
症状を甘く見て便秘を悪化させている人が少なくありません。

特に市販の下剤は種類も豊富で簡単に手に入るので、
最初は「一時的に症状を緩和させるため」と思っていても、
ついつい乱用してしまいがちです。

便秘が長引き、さらに下剤を使用して1週間程度たっても症状が改善しない場合は、
必ず病院に相談しましょう。

薬を一種類に限定しない

便秘の改善には、医師と相談した上で下剤を処方してもらうことが大切です。
また症状が改善しない場合には、薬を適宜変えてもらいましょう。
同じタイプの薬では体がその刺激に慣れてしまうため、
効き目が落ちるだけでなく、薬への依存性も高くなる恐れがあるからです。

錠剤タイプの薬ばかりを使用するのではなく座薬に切り替えるなど、
変化を加えることで慢性化を防ぎ、薬への依存を最小限にとどめることができます。

薬を使用する際には、服用してからどのような変化があったのか医師に説明して、
医師と協力しながら便秘解消に取り組むようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る