便秘薬は急に止めないで少しずつ減らしていこう

便秘が常習化していて、さらに下剤などの便秘薬を常用している人が、
便秘を根本的に解消するためには下剤に頼らないことが大切です。

とはいえ、便秘薬の使用を急に止めることは危険です。
何日もお通じが無い状態が続くと、体調不良の原因になることはもちろん、
ストレス過多になりすぎることでかえって腸機能を低下させる可能性があるからです。

便秘の解消に取り組む際には、まずは下剤の量を減らすことから始めましょう。
そして同時に腸内環境を整えるための食事や生活改善を行なう必要があります。
常習化した便秘を短期間で改善することは難しいので、
腸の働きが正常に戻るまでじっくり取り組む必要があります。

効果的に便秘を解消するために

効果的に便秘を解消するためには、
あまり厳格なプログラムは組まない方が良いでしょう。
極端な食事制限や急激な生活改善は、便秘でなくともストレスが多いものです。

便秘を根本的に解消するためにはある程度の時間がかかるので、
こうしたストイックな解消方法は長続きしにくくおすすめできません。

便秘を解消したいのに下剤の使用を続けることに、
抵抗がある人がいるかもしれませんが、
無理をして便秘が解消する前に挫折してしまっては意味がありません。

できれば病院などで検査を受けた上で、
プロの指導を受けながら解消に取り組むことをおすすめします。

便秘の原因が特定できれば正しい解消方法がわかり、
また協力者がいることで長期的に取り組みやすくなります。

検査を受ける際には、
これまで使用してきた下剤も持参して相談するようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る