自分の便秘タイプを知ることが大事

便秘を改善するには、まず自分がどんなタイプの便秘なのかを知っておく必要があります。便秘はタイプによって改善方法が異なりますので、決して判断を早まって間違った対策...

続きを読む

便秘を解消するために善玉菌を増やして腸内環境を整えよう

腸内には善玉菌と悪玉菌と呼ばれる2種の菌が生息しており、これらのどちらが活発に活動するかで環境の優劣が決まります。そのため、便秘を解消するには善玉菌の活躍を助け...

続きを読む

便秘の予防には朝起きた時の冷たい水や牛乳がおすすめ

便秘予防の一策として、朝方に腸がすぐに目覚めるような環境を作るのはとても重要です。目覚めたての体は休眠中の働きを取り戻すように活発に動き出すので、朝方は便通が起...

続きを読む

ハーブティーで便秘予防

ハーブとは薬草のことで、スパイスや調味料としてだけでなく、ハーブティーとして葉のそのままの味を楽しむことも一般的になってきました。特に便秘解消にはハーブの効用を...

続きを読む

医師と相談の上で下剤の種類を定期的に変えよう

便秘が長引いている人は、まずは病院で検査を受けた上で医師に改善策を相談しましょう。便秘の原因が病気の場合もあるので、自己判断で下剤などの使用を続けることは危険で...

続きを読む

坐薬、浣腸の使い方

坐薬も浣腸も肛門から挿入して使用する薬ですが、それぞれに働きが異なります。坐薬は腸内に炭酸ガスを発生させて腸のぜんどう運動を高めます。一方、浣腸はグリセリンによ...

続きを読む

水溶性食物繊維を摂取しよう

食物繊維には不溶性と水溶性があり、どちらも便秘解消に役立つ働きをします。便秘解消というと野菜などに含まれる不溶性食物繊維が有名ですが、水溶性食物繊維には腸管に付...

続きを読む

朝出かける前にトイレタイムを作ることが大事

朝は1日の中でお通じが一番起こりやすい時間です。このタイミングを利用して朝のトイレ習慣を作りましょう。実はこの朝のトイレ習慣は便秘予防の大きなポイントになります...

続きを読む

腸内を健康にして、自然な排便力を取り戻すことが重要

便秘が長く引くほど腸内環境は悪化して、便秘の症状も悪化していきます。そのため便秘が常習化している人は、自然な排便力も弱くなります。自然な排便力が弱くなると、便が...

続きを読む

副作用の少ない漢方薬で便秘を改善しよう

「漢方=自然な生薬」というイメージから、副作用が少ないと思っている人も多いと思います。市販の製品も煎じてお茶のように飲むタイプなどもあるので、そうした商品イメー...

続きを読む

便秘の症状がひどい場合は便秘外来へ

便秘外来とは、便秘を単なる便通異常としてではなく、病気としてとらえ専門的に治療を行なう専門の科です。そのため医師の専門性が高く、生活指導も含めて長期的なサポート...

続きを読む

便秘薬は急に止めないで少しずつ減らしていこう

便秘が常習化していて、さらに下剤などの便秘薬を常用している人が、便秘を根本的に解消するためには下剤に頼らないことが大切です。とはいえ、便秘薬の使用を急に止めるこ...

続きを読む

ページの先頭へ戻る