女性が便秘になりやすい理由

一部の便秘症状を除けば、
男性に比べて女性のほうが便秘に悩まされている人が多いのは事実。

ではなぜ、女性ばかりが便秘になりやすいのでしょうか。
ここでは、その理由をいくつか紹介しましょう。

PMS(月経前症候群)は女性特有の便秘の原因

男性にはなく、女性特有の便秘の原因となっているのが、
PMS(月経前症候群)です。

PMSとは排卵から月経の間に、心身の不調が起こる症状のこと。

  • 胸の張り
  • 吹き出物
  • 倦怠感
  • 極端な眠気

などが諸症状になります。

そして、便秘もこのPMSによって引き起こされることがあります。

PMSの期間中は、女性の体内で黄体ホルモンという物質が分泌されます。
このホルモンこそが便秘の原因となっており、
腸のぜんどう運動を抑制したり、
便の水分を過剰に吸収したりする作用があるのです。

月経が始まると、この黄体ホルモンの分泌は徐々に減少していくため、
便秘の症状は緩和されますが、
期間中に腸内に留まってしまった便は、もちろん自然に排出されるわけではありません。

そのため、PMSが終わっても、
便を腸内に残したままだと便秘が慢性化してしまう恐れがあります。

PMSが終わったら、できるだけ食物繊維や水分を補給し、
早めに腸内に残った便を出してしまうようにしましょう。

便秘予防に適度な運動を

これは体の構造上仕方のないことですが、
女性は男性に比べて筋力が弱いものです。

これは便を排出する筋力も同様で、
筋力が弱いせいできちんと排便ができずに
便秘になってしまうケースは多々あります。

また、女性はダイエットなどの理由で運動よりも食事制限などをしがちです。
これもまた、筋力低下の大きな一因となっています。

便秘を予防するためには、
しっかりと食事を取りながらも、適度な運動をするように心がけましょう。

外出先でトイレに行くのを恥ずかしがらないで

これも女性に多いことですが、
外出先でトイレに行くのが恥ずかしいために便意を我慢し、
直腸性便秘になってしまう例が多いそうです。

確かに、外出先でトイレに立つのは恥ずかしいでしょうし、
女性であれば、自宅以外のトイレは衛生上使いたくない、という人もいるでしょう。

しかし、便意を我慢し続ければ便秘になってしまいます。
どうしても外出先でトイレに行きたくなければ、
規則正しい排便リズムを作っておくなど、
事前に対処する必要があるでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る