出産後に便秘になる女性は多い

一見、なんの関係もなさそうですが、
出産後に便秘になったという女性が意外に多いもの。

実は出産に関わる様々な事象は便秘を引き起こす原因となっているのです。
特にこの時期には体の調子をおかしくすることが多々ありますので、
その対策の一環として生活を見直し、便秘が慢性化しないように注意しましょう。

出産後の筋力低下が便秘の一因に

出産後は妊娠前に比べて大きく筋力が低下してしまうもの。
これは妊娠中に運動ができなくなるため、仕方のないことです。

しかし、これが便秘の原因になっていることも事実。

出産後、体が落ち着いたらしっかりとそのリハビリを行なう必要があります。
このとき、いきなり激しい運動をするのは控え、
ストレッチなどの軽い運動から徐々に筋力を戻していくようにしましょう。

そして、出産後の便秘のもうひとつの原因が、
肛門括約筋の筋力低下です。

出産時に強くいきむことで、肛門括約筋が傷ついたり、
または一時的に力を入れすぎて働きが弱まってしまうことがあります。

肛門括約筋は、肛門を開閉するための筋肉で、
この筋肉が働かなくなると便を出せなくなってしまったり、
逆に便が自然と漏れてしまったりすることもあります。

しかし、こうした筋肉が傷ついてしまうケースは、
出産時によくあることで、何も恥ずかしいことはありません。

症状が気になるようであれば、まずは産婦人科や肛門科に相談に行き、
対処方法などを相談しておくようにしましょう。

授乳による水分不足に注意しよう

出産後、乳児に授乳することがあると思いますが、
実はこの行為は想像以上に母体から水分を奪ってしまいます。

そのため、あまり意識しないでいると慢性的な水分不足に陥り、
便秘になる危険性はぐんと高まります。

授乳期間中はそれまで以上に水分をこまめに取るようにするなど、
対策が必要でしょう。

会陰切開の傷を恐れて便秘になることも

出産後、便秘になってしまった人の中には、
出産時の会陰切開の数が開くのを恐れて、便意を我慢してしまった、
という人もいるそうです。

確かに出産時に会陰切開をした人は、排便時に力むことで、
「その傷が開くのではないか」
「力むと傷に響いて痛むのではないか」
と考えることもあるでしょう。

しかし、実際には切開した部分と肛門は別の場所であり、
排便時に痛むということはそうそうありません。

そのため、便意を感じたら、
不安にならずにちゃんとトイレに行くようにしましょう。

あまり便意を我慢しすぎると、
その後、便秘が慢性化してしまう可能性もありますよ。

周りの人にも育児への理解を

その他、育児が忙しすぎてなかなかトイレに行けない、
というのも便秘になってしまう大きな一因になっているようです。

確かに、乳幼児などはどんなことで
子どもが怪我をしたりするか分からず不安になるでしょう。

そのため、目を離すことができずに、便意を感じても我慢して
子どもにかかりっきりになってしまう状況も考えられます。

とはいえ、その子どもの世話をする自分が体の調子を壊していては本末転倒です。

できれば周囲の人たちにも育児の世話を頼んだりするなど
自分の体のケアもしっかりと考えるようにしておきましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る