和食に比べて欧米型の肉食中心の食事は便秘になりやすい

近年、便秘に悩まされる日本人が増えてきた背景には、
食文化の変化が大きく関わっています。

ここでは食事と便秘の関連性について紹介しましょう。

食事と便秘の関連性

言うまでもなく、食事と便秘には大きな関係があります。

昨今、便秘に悩まされる日本人が増えてきた理由のひとつには、
食文化の変遷が大きく関わっていることは否定できません。

古来より日本人は和食を中心とした食生活を続けてきており、
身体もこれに順応した形になっています。

ところが、最近では、
インスタント食品や肉食中心の食事などが多くなった一方、
本来必要である食物繊維などを含む食品は食べなくなりました。

決して肉食文化などが悪いとは言いませんが、
便秘を解消したいのであれば、
肉ばかりではなく栄養バランスを考えた食生活を意識したほうがいいでしょう。

便秘の原因は食の欧米化

先の項目でも少し触れましたが、
便秘に悩む日本人は、近年急速に増え続けています。
この背景には食生活の欧米化が関係していると言われています。

同じ人間でも、欧米人と日本人では体の造り自体が違います。
これは外見だけの問題ではなく体の中も同じこと。
はっきり言ってしまえば欧米の食文化は日本人の体には合わないのです。

では具体的にどんな違いがあるのでしょう。
それは腸の長さの違いです。
日本人は欧米人に比べて腸の長さが1.5〜2倍にもなるそうです。

これは食物繊維などを多く含む食事が消化に時間がかかるため、
これに順応して腸が長くなったといわれています。

ところが、欧米の肉食文化に多く含まれるたんぱく質などは、
体内に長く留まると腐敗してしまいます。
そしてこれが身体には有害になり、便秘や大腸がんなどの原因になるのです。

もちろん、多少の肉を食べたところで即座に便秘になるというわけではありません。
しかし身体と食の相性を考え、健康でありたいならば、
日本人の体に適した和食中心の食生活をすることが便秘解消の近道といえるでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る