ストレスも注意したい便秘の原因のひとつ

一見、何の関係もないように見えますが、
ストレスと便秘には関連性があります。

よく「ストレスで胃かいようになった」などという話を聞きますが、
これと同じように、
「ストレスで便秘」になることもあるということを知っておきましょう。

ストレスで便秘になることはある

ストレスと便秘の関係とはいったいどういうものなのでしょうか。
これを説明するには、まず消化器官を司る自律神経の話をしなければいけません。

自律神経とは、呼吸や代謝、発汗など、
人間が意識をしない体の動きを司る神経のことで、
この働きの中には、消化器官を含む臓器の動きも含まれます。

そして、この自律神経の働きは、
精神状態によって大きく左右されていると言われています。
つまり、充実した生活を送っているとしっかり働き、
逆に不満を感じていると働きが狂ってしまうというのです。

そのため、強いストレスを感じるなど精神状態が不安定になると、
自律神経の働きが狂い、それに応じて消化器官の働きもおかしくなってしまうのです。

これが胃痛や便秘の原因となるのですね。

ストレスで表れる便秘の症状

ストレスが原因となって表れる便秘症状として、
けいれん性便秘というものがあります。

これは大腸のぜんどう運動が過敏になり、
便がうまく運ばれずに腸内に停滞してしまう便秘症状のこと。

普段、こうした腸の運動は、
自律神経が交感神経と副交感神経というふたつの神経を働かせ、
緊張と弛緩を繰り返してバランスを保っています。

しかし、ストレスによって自律神経の働きに狂いが生じると、
本来、リラックスしなければいけない状態でも
緊張状態の動きを保とうとしてしまいます。
これは腸のけいれんにつながるのですね。

ちなみに、こうしたけいれん性便秘では、
腸内に便が溜まってしまうため、
排便をしてもころころと短く硬いものしか出ず、
常に残便感を感じるようになってしまいます。
また、場合によっては、
腸がけいれんと弛緩を繰り返すため、弛緩時に下痢の症状がでることもあります。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る