外出先でのウンチを我慢することが便秘の原因に

外出先でトイレに立ちたくないという気持ちは、誰にでもあると思います。
また、それが恋人や他人などと一緒にいればなおさらかもしれません。

しかし、あまりに便意を我慢しすぎると、
健康を害する恐れがありますので、
できるだけ我慢をせず、トイレに行くようにしましょう。

便意を我慢すると便秘になる

外出先でトイレに立ちたくない理由は、良く分かります。

しかし、あまり頻繁に便意を我慢しすぎると、
直腸の感覚が鈍くなってしまい、便意自体がなくなってしまう可能性があるのです。

本来、便を排出できるような状態になると、
脳が体の状態を把握し、便意を催す信号を出します。
しかし、この信号を無視しすぎるため、
麻痺してしまうということですね。

こうした原因による便秘は、直腸性便秘といい、
慢性便秘のひとつに数えられています。

確かに家でゆっくりと気兼ねなく用を足せるのが一番ですが、
便意を外出先で感じてしまったら、無理な我慢は禁物です。

特に「外出先でトイレに行かない」と考えている人は、
それが常識になってしまい、便意を頻繁に我慢しがちですので注意しましょう。

外出先で便意を催さないようにしよう

いくら便意を我慢すると便秘になってしまうからといって、
外出先でトイレに行くのはできるだけ避けたいことですよね。

実は、こうした便意はある程度自分でコントロールすることもできるのです。

簡単に言ってしまえば、ほぼ確実に家にいる時間に、
排便するように体に習慣をつけてしまえばいいのです。

便意を無視すればいつか便意がなくなってしまうように、
毎日、同じ時間帯に排便をするようにしていれば、
いずれ脳がそのリズムを覚えるようになっていきます。

そうすれば、外出先で便意を感じることも少なくなるでしょう。

しかし、完全に便意をコントロールするのは不可能ですので、
もし外出先でトイレに行きたくなったら素直に行くようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る