抗うつ剤の副作用が便秘の原因になることも

病気の副次的な症状として便秘になってしまうことはよくありますが、
その一方、病気を治す薬の副作用として便秘になることもあります。

その代表的な例が抗うつ剤による便秘です。
ここではこの抗うつ剤による便秘について説明しましょう。

便秘の副作用がある薬

実のところ、副作用のない薬は皆無であるといっていいほど、
すべての薬には副作用が存在します。

しかしその中でも自律神経系に作用する薬には、
便秘の副作用があるものが多く、
抗うつ剤はその代表的なもののひとつです。

抗うつ剤を服用するとその副作用として、

  • 便秘
  • 眠気
  • 口の渇き

などを引き起こすと言われています。

もちろん、こうした副作用は必ず出るというものではなく、
人によってはまったく症状が出ないこともあるそうです。

また薬を飲み始めてすぐに出るかどうかも異なるため、
極度に心配する必要はありません。

また薬を処方してもらう際には、
必ず事前に説明があるはずですので、
医師の話をしっかりと聞いて理解をしておきましょう。

自己判断で服用をやめないように注意しよう

便秘を含めて、薬の副作用が出ると辛いのは確かです。
しかし、副作用がいやだからといって、
薬の服用を自己判断で中止するのは控えたほうがいいでしょう。

薬を処方してもらうということは、本来治したい症状に対して、
薬効が効果的だと判断されたからに他なりません。

そのため、例えば抗うつ剤の副作用である便秘を恐れて、
自己判断で服用をやめると、余計にうつが進行してしまう恐れがあります。

もし、副作用が辛いと感じた場合は、
まず医師にその旨をしっかり相談し、別の薬を処方してもらったり、
あるいはその副作用の症状を抑える薬を追加でもらうなどの対策を取ることもできます。

また便秘が辛いというのであれば、
普段の生活で食物繊維や水分を意識して取るようにして、
症状を少しでも和らげることができるかもしれません。

いずれにせよ、副作用が出ているということは、
本来の薬効もしっかりと効いているということです。

あまり否定的に考えず、
本当に治したい病気が治すことを考えましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る