風邪薬の服用が原因で便秘になる場合がある

世間ではあまり意識されていないことかもしれませんが、
人によっては薬の副作用で便秘になることがあり、
これは抗うつ剤や抗がん剤などの強力な薬ではなくてもその可能性はあります。

ここでは、便秘を引き起こす可能性のある
市販の薬について詳しく紹介していきましょう。

ただの風邪薬が便秘の原因になることもある

病院などで処方されるものとは違い、
市販されている風邪薬はそのほとんどが「総合感冒薬」といわれるものです。

これはひとつの薬で熱、せき、鼻水など、
風邪の諸症状すべてに効く成分が含まれているものです。

そして、便秘の副作用を引き起こす可能性があるのは
せきや鼻水に効くとされている抗ヒスタミン系の成分です。

これらの成分には、
せきや鼻水などを出している消化器官系の働きを抑える作用がありますが、
大腸も消化器官のひとつですから、
必然的に働きが抑制され、便秘になってしまうのです。

つまり、市販の総合感冒薬の多くは、
便秘の副作用を持っていることになってしまいます。

とはいえ、市販の薬には配合する成分が限られているため、
さほど強い効果は表れません。
しかし、元々内臓の弱い人や便秘がちの人は、
この点を理解しておくようにしましょう。

便秘を引き起こす成分を知っておこう

では、具体的に便秘を引き起こす可能性のある成分はどれなのか、
下記で紹介します。

気になる人は市販の薬を買う前に成分表をチェックしておきましょう。

咳止め薬に含まれる成分

  • リン酸コデイン
  • リン酸ジヒドロコデイン
  • dl−塩酸メチルエフェドリン
  • ノスカピン

など

鼻炎薬に含まれる成分

  • マレイン酸クロルフェニラミン
  • マレイン酸カルビノキサミン
  • フマル酸クレマスチン
  • ジフェンヒドラミン

など

上記の成分ですべての人が便秘を引き起こすわけではありません。
しかしすでに便秘である人や便秘がちな人は、
その症状を悪化させる可能性があるかもしれません。

不安な場合は、薬剤師や医師などに相談をしてみるといいでしょう。

風邪薬の服用に過敏にならなくてもOK

確かに上記の成分を含む風邪薬の副作用で便秘になることはあるかもしれません。
しかし、それほど敏感にならなくてもOKです。

なぜなら、こうした薬の副作用で便秘になってしまった場合、
その後、服用をストップすれば便秘はすぐに治るからです。

市販の風邪薬の服用だけに留めるような風邪でしたら
1週間もせずに快復に向かうはず。

その間だけ少し便秘気味になるというだけですから、
さほど苦しい思いをせずに済むことでしょう。

副作用を気にしすぎて風邪を治せないのでは本末転倒です。
まずは治したい病気を治すことを先決にしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る