不規則な生活を続けると便秘になりやすくなる

不規則な生活な肌荒れや便秘の原因になる、
と聞いたことはないでしょうか。

実はこれはれっきとした事実であり、
生活リズムと便秘には深い関係があるのです。

自律神経の狂いが便秘の要因になる

内臓の働きには、自律神経が大きく関係しており、
この自律神経は、日常の生活リズムによってその働きが左右されます。
そのため不規則な生活を続けていると、
自律神経が狂い、果ては便秘などになってしまうのです。

この自律神経は、普段の生活において「交感神経」と「副交感神経」を働かせ、
体の機能をコントロールしています。

交感神経

主に起きている間に働く神経作用。
内臓を含む体の機能を活発化させ、緊張した状態を作る。

副交感神経

主に寝ている間やリラックスしている間に働く神経作用。
体の機能を緩慢にして、疲れをリセットする。

規則正しい生活を送っていれば、
この交感神経と副交感神経は、ほぼ同時刻に切り替わり、
体もそれにあわせてバランスを整え、細胞を働かせます。

しかし夜更かしをしたり、不規則な生活をしていると、
この神経の切り替えがうまくいかず、
自律神経が混乱し、体のバランスもばらばらになってしまうのです。

そして、それは大腸の働きも例外ではなく、
結果、便秘などの原因になってしまうのです。

自律神経が快適な排便リズムを作り出す

自律神経に狂いが生じると、
体の機能が働く時間などもまちまちになってしまい、
その結果、通勤中や講義中など都合の悪い時間に便意を催すことになりかねません。

となれば、当然便意を我慢せざるを得なくなり、
こうした生活を送っていると直腸性便秘になってしまうことでしょう。

一方、規則正しい生活を送り、
自律神経はまともに働いている状態ならば、

毎日同じ時間に大腸が活動をはじめるため、
排便リズムも一定になります。

そうなれば毎日の習慣として、トイレに行く時間が予測でき、
便意を我慢することもなくなるでしょう。

突発的な便意などに悩まされている人は、
もしかしたら普段の生活リズムに原因があるかもしれません。
まずはその点から見直してみましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る