各消化器官についての解説

消化器官とは食べ物の摂取から排泄までを行う器官のことで、
口から肛門まで一続きでできています。
それぞれの器官に食べ物を消化吸収するための働きがあり、
相互に作用しながら機能しています。

お通じや便の状態に異常がある場合は、
これらの消化器官のどこかが正常に動いていない可能性があるので、
「便の状態を見ることは健康状態を知ることにもつながる」と言われます。

消化器官の働きを知って、便秘予防や解消にも役立てましょう。

消化器官の働きは連携している

消化器官とひと口に言っても、口から肛門までの間には様々な器官があります。
ここでは食物が送られる順に、それぞれの器官の名称と働きを解説します。

食物を摂取し噛み砕く機能があり、食べ物の消化を良くします。
さらに唾液に含まれる消化酵素アミラーゼには、でんぷんを消化する働きがあります。

食道

食物を胃に送る働きがあります。

強い酸性の消化液「胃液」を分泌して、食物をどろどろになるまで消化します。
なおタンパク質は胃で吸収されます。

十二指腸

胆汁や膵液でさらに食物を消化し、小腸での栄養分の吸収を容易にする働きがあります。

小腸

食物の栄養分を吸収する働きがあります。平均の長さは5m以上、
腸壁の表面積はテニスコート2面分にもなり、栄養分を効率よく吸収します。

結腸(大腸)

食物の水分とミネラルを吸収する働きがあります。
また数百億の腸内細菌が棲み腸内環境を整えています。

直腸(大腸)

便が到達すると、脳に信号を送って便意を起こす働きがあります。
また排泄の指令が脳から出されるまで、一時的に便をとどめておく器官でもあります。

肛門

排泄の指令が出されると、肛門括約筋を緩めて便を排出する働きがあります。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る