便意が起こる仕組み

お通じは大腸を中心にしたお腹だけの働きと思われるかもしれませんが、
実は食べ物が胃に届いた瞬間から消化器官全体が動くことで起こります。

食べたものは胃、十二指腸、小腸で、
必要な栄養分が消化吸収されながら大腸へ送られます。
そして大腸では水分が吸収されて、残ったものが便となって排泄されます。

そしてこの一連の流れをスムーズにしてくれるのが「ぜんどう運動」です。
そのためぜんどう運動が正常に働くことが、快適なお通じには欠かせないのです。

このぜんどう運動は食べ物が大腸に届いて起こるものではなく、
胃の中に食べ物が入った時に反射的に起こります。
これは「胃・結腸反射」と呼ばれ、
朝食を食べた直後に便意が起こるのはこの働きよるものです。

このようにお通じの起こる仕組みには、消化器官全体が関係しているのです。

便意が起こる流れ

便意が起こる流れは具体的には以下のように進みます。

  1. 胃に食物が届くと胃・結腸反射により結腸が動き始め、溜まっていた便が直腸へと送られます。
  2. 直腸に便が届くと直腸の粘膜が刺激されて便意が起こります。
  3. 直腸から脳へ信号が伝わり、排泄するよう指令が出されます。
  4. 脳からの排泄の指令を受けて、腹筋や横隔膜が動き便を肛門へと押し出します。
  5. 肛門に便が届くと肛門括約筋が緩んで、便が排泄されます。

消化器官は口から肛門までが一つなぎの管になっているので、
このように食事を摂った瞬間から消化器官全体が反応する仕組みになっています。

特に胃・結腸反射は食事をすることで起こることから、
ダイエットや忙しさから食事の機会を失うと、便意が起こりにくくなってしまうので、
規則正しく食事を摂るように心がけましょう。

また自然な便意を起こすためには、便意を我慢しないことも大切です。
我慢を続けると直腸から脳への信号が正しく伝わらなくなり、
便秘の原因にもなるので注意しましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る