腸内細菌と腸内環境の関係性は?

便秘と腸内環境には大きな関係があり、
腸内環境が悪いままでは便秘は改善しません。

便秘を改善するためには腸内環境を良くする必要がありますが、
そのためにはまず、腸内にいる腸内細菌について知る必要があります。

腸内細菌とのその役割

胃や小腸、そして大腸などの消化器官の中には数多くの最近が生息しており、
それを総称して「腸内細菌」と呼んでいます。

この腸内細菌の中は大きく2種類に分けられ、
それぞれその役割から「善玉菌」「悪玉菌」と言います。

善玉菌の役割

主に腸内の有害物質を分解する役割を持ち、
免疫力の強化や感染症予防などになる

悪玉菌の役割

栄養を吸収し、有害物質を排出する働きを持つ
増えすぎると大腸がんなどの原因になることもある

腸内に存在できる菌の数は限られているため、
善玉菌と悪玉菌のどちらかが腸内に多く棲んでいるかで腸内の環境は変わります。

つまり、便秘になるような状態の場合、
腸内細菌の割合が悪玉菌が多くなっていると考えられます。

悪玉菌が増えると、有害物質が多く増加し、
大腸のぜんどう運動などが鈍ってしまいます。
また、ぜんどう運動が鈍ると便が腸内で停滞するようになり、
腐敗した便は悪玉菌の絶好のえさになりますので、
さらに腸内に悪玉菌が増加するという悪循環を生んでしまいます。

これが便秘が慢性化する原因のひとつでもあります。

腸内環境を良くする方法

こうした便秘と腸内環境の悪化の悪循環を断ち切るためには、
腸内の善玉菌を増やすしかありません。

そこで思い浮かぶのがヨーグルトなどに含まれる
ビフィズス菌などを摂取する方法でしょう。
しかし、実のところ、こうした食材に含まれる善玉菌を
食べて摂取するのは難しいのです。

なぜなら、善玉菌は非常に弱く、
胃などの消化液で簡単に死滅してしまうためです。

そのため、腸内のビフィズス菌を増加させるには、
外部から取り込むのではなく、
既に存在する善玉菌を活性化させるのが最も手っ取り早い方法なのです。

こうした善玉菌を増やす方法としては、
例えばオリゴ糖などを摂取するのがいいでしょう。

オリゴ糖は胃などで分解されにくいようにできており、
腸に届いて、善玉菌の活動源になるのです。

また、腸内環境の悪化と悪循環している便秘の症状を改善するのも効果的です。
日常の生活習慣などを見直し、正しい食生活などをしていれば、
それだけで腸が正常に働こうとする動きの手助けになります。

ちなみに、腸内の細菌バランスが崩れて来ている時は、
便秘とまではいかなくとも便通に異常を感じることがあります。
例えば、便が硬い、細い、などという場合は、
腸内環境が悪化して始めているサインですので、
いち早く察知し、便秘などにならないよう生活リズムや食事を見直しましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る