便秘が悪化するのはなぜ?

便秘になる日本人が増えてきた背景には、
日常生活の様々な変化があると言います。

実は何気ない日常の中にも、
便秘の原因となることが隠されているかもしれません。

便秘を悪化させる要因とは

体の器官の中でも、大腸は非常に敏感な器官で、
生活習慣や精神の影響を受けやすいのです、

そのため、自分では意識をしていない日常生活の中には、
知らず知らず大腸にダメージを与え、
便秘の要因となっている事があるかもしれません。

下記は、そんな便秘の原因、悪化させる一因となる事柄です。
自分の生活に深く関係していることはないか、チェックしてみましょう。

ダイエット

食事制限をすると便のカサが減り、便秘の原因になります。
また下剤を使ったダイエットをしている人は下剤依存症にもなりがちです。

朝食を食べていない

朝食は朝に腸を活発に働かせるために必要です。
朝は腸が活発化しやすい時間帯なので、
これを逃すと便意が起こりにくくなります。

食事内容の偏り

肉中心で食物繊維などが足りない食事は、日本人の体質に合っていません。
また栄養の偏りはそれだけで内臓に影響を与えます。

不規則な生活

生活リズムが崩れると、自律神経に狂いが生じます。
大腸などは自律神経の働きでコントロールされているため、
不規則な生活をすると、腸の働きも鈍ることになります。

運動不足

筋力が低下すると、腸をうまく支えることができなくなったり、
排便時に力が入らなくなってしまいます。

ストレス

ストレスを頻繁に感じたり、大きなストレスを受けると、
自律神経の働きに異常をきたします。
このため、その影響で大腸の動きもおかしくなることがあります。

便意を我慢する行為

自然に起きた便意を頻繁に我慢し続けると、
便意自体が起きなくなる可能性があります。

下剤の乱用

特に大腸刺激系の下剤を服用している場合は注意。
下剤の乱用には常習性があり、服用のたびに腸の働きが徐々に麻痺してしまいます。

病気や薬の常用

病気の中には便秘を引き起こす原因となるものがあります。
また病気自体は関係なくても、処方された薬に便秘の副作用があることもあります。

開腹手術

開腹手術をすると、術跡が癒着を引き起こすこともあります。
これによって腸がねじれたりして便秘になるかもしれません。

老化

歳をとると、徐々に身体機能が低下し、筋力の低下も顕著になります。
また内臓の働きも弱くなるため、
同じ生活をしていても、便秘になってしまう可能性は高まります。

PMS(月経前症候群)

月経前は特殊なホルモンが分泌され、心身に様々な異常を引き起こします。
その症状のひとつに便秘があります。

便秘に気づいたら慢性化しないよう注意しよう

上記を見ても分かる通り、便秘の原因は多岐にわたり、
そのどれもが身近な問題です。

そのため、こうした便秘になる可能性をすべて取り除くというのは、
正直言って不可能でしょう。

しかし、便秘になるほどの原因は十分に異常であるといえます。
こうした場合は、せめて便秘が慢性化しないよう、
異常を感じた時点で、その原因を排除する必要があります。

一度便秘を慢性化させてしまうと、その治療には長い時間がかかります。
決して一人で抱え込んだりせずに、
速やかに医師に相談し、症状を改善するように努めましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る