日本では約500万人が便秘で悩んでいる

近年に入り、便秘薬のCMはどんどん増加の一途をたどっています。
これはすなわち便秘薬がそれだけ売れている、
もしくは需要が高まっているという証でもあります。

そして「便秘が増えている」というのは、
ただの予想ではなく、れっきとした事実。

便秘はもはや日本人の代表的な習慣病といえるでしょう。

便秘は一般化してきている

20年前に実施されたアンケートによれば、

女性の48%
男性の18%

の人が「便秘の自覚症状に悩んでいる」
と回答したという結果が残っています。

これは当時の人口に照らし合わせると、
約500万人の人がすでに便秘症状に悩んでいたということになります。

そして、現在になり、便秘はより私たちにとって身近な病気になっています。
それは、テレビでいつでも便秘薬のCMが流れている現状、
そしてその出演タレントが人気女優やアイドルであることからも分かります。

便秘はもはや人に言えない悩みではなく、
普遍的なもの国民病になりつつあるのです。

また、20年前に比べると、
便秘の原因となる「ストレス」や「食の欧米化」「運動不足」も
より深刻な問題になってきています。

さらに、近年、民間会社が行なったアンケート調査でも
「便秘」を体の悩みとしてあげる女性が非常に多く、
上位にランクインしたという報告もあります。

これらを考慮すると、いま便秘に悩んでいる人は、
最低でも500万人以上、下手をするとその何倍もの人がいると予想されるのです。

便秘は病気であることを再認識しよう

こうした便秘が一般化してしまったことで、
便秘に悩む人の多くは「便秘になるのは別に珍しくない」
という意識を持ってしまっています。

しかし、これは非常に危険なことです。

便秘はれっきとした病気であり、
「みんなそうだから」と放置していいものではありません。
便秘を根本的に治療しないままにしておけば、
体に様々な影響がでることになり、それだけで健康を害します。
また、最悪の場合、大腸ガンなどの深刻な病気を引き起こす原因にもなるのです。

こうした便秘に対する危機感の薄れは、
昨今、非常に危険視されている問題のひとつです。

便秘に悩んでいる人は、あまり症状を軽く見ず、
できるだけ早期に便秘を解消できるようしっかりと健康管理を行ないましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る