便秘の定義について

健康管理に敏感な人の中には、少し便通が遅れたり、便の量が少ないという理由で、「便秘ではないか」と悩む人もいるようです。しかし、便通の少なさと便秘症状は、実のとこ...

続きを読む

日本では約500万人が便秘で悩んでいる

近年に入り、便秘薬のCMはどんどん増加の一途をたどっています。これはすなわち便秘薬がそれだけ売れている、もしくは需要が高まっているという証でもあります。そして「...

続きを読む

腸の蠕動(ぜん動)運動を起こせばお通じがよくなる

ぜんどう運動とは、腸が伸縮を繰り返し、便を肛門へと運ぶ動きのことです。一般的な便秘の原因は、このぜんどう運動が弱くなっていることにあるといっても過言ではありませ...

続きを読む

便秘が悪化するのはなぜ?

便秘になる日本人が増えてきた背景には、日常生活の様々な変化があると言います。実は何気ない日常の中にも、便秘の原因となることが隠されているかもしれません。便秘を悪...

続きを読む

腸内細菌と腸内環境の関係性は?

便秘と腸内環境には大きな関係があり、腸内環境が悪いままでは便秘は改善しません。便秘を改善するためには腸内環境を良くする必要がありますが、そのためにはまず、腸内に...

続きを読む

便秘は高齢者に多く、若い世代では20代から40代の女性に多い

便秘は現代に生きる日本人の国民病といえるほど身近な病気です。しかし、現在のように便秘の原因が社会に溢れる以前から、女性や高齢者は便秘に悩まされてきました。その理...

続きを読む

便秘になる赤ちゃんもいる

便秘になるのは大人になってからだけではなく、赤ちゃんも便秘になることはもちろんあります。特に離乳期などは食環境の変化などから便秘になる幼児もいますので、注意して...

続きを読む

便秘になる小学生が増えている理由

一昔前までは、便秘といえば女性や高齢者など成人の病気でした。しかし、現在では小学生の間でも便秘になる子供が増えているそうです。その理由はいったいどこにあるのでし...

続きを読む

旅行中の便秘は一時的なものなので大きな心配はいらない

人によってはちょっとした環境の変化で便秘になってしまう人もいます。例えば、旅行中に便秘症状になったりするのがその典型です。確かにせっかくの旅行の思い出が便秘と一...

続きを読む

便の状態によって健康状態を見分けることができる

「便は健康のバロメーター」と呼ばれるほどで、便は健康状態を知る上で非常に重要な要素のひとつになります。また見て分かる外傷とはちがい、内臓の疾患を知る上で、便がそ...

続きを読む

一度は受けておきたい大腸内視鏡検査

便は健康のバロメーターとして、健康状態をチェックする際の目安になりますが、大腸の状態を正確に知るためには「大腸内視鏡検査」を受ける必要があります。大腸内視鏡検査...

続きを読む

各消化器官についての解説

消化器官とは食べ物の摂取から排泄までを行う器官のことで、口から肛門まで一続きでできています。それぞれの器官に食べ物を消化吸収するための働きがあり、相互に作用しな...

続きを読む

排便だけではなく排尿も大事

尿は体の掃除役として、老廃物を体外へ出すための大切な働きがあります。実は便以上に尿が体に停滞することは、健康に悪い影響があるのです。尿は腎臓で作られますが、腎臓...

続きを読む

便に含まれる成分について

固形の便が「水でできている」と言うとイメージしにくいかもしれませんが、便の7〜8割は水分で出来ています。そしてその他の約2割〜3割は、脂肪や食べ物のカス、腸内細...

続きを読む

便意が起こる仕組み

お通じは大腸を中心にしたお腹だけの働きと思われるかもしれませんが、実は食べ物が胃に届いた瞬間から消化器官全体が動くことで起こります。食べたものは胃、十二指腸、小...

続きを読む

ページの先頭へ戻る