直腸性便秘に効果的な食事

直腸性便秘の人は頻繁に便意を我慢したことで自然な便意が起こらなくなり、
直腸付近に便がたまってカチカチになっているため、排便が難しくなっている状態です。

カチカチの便が肛門をふさいでお通じを邪魔しているので、
まずは便をやわらかくする必要があります。

食物繊維と水分を積極的に摂って、やわらかく量のある便の状態を作りましょう。
食物繊維はどちらでもかまいませんが、
不溶性食物繊維を摂る時には水分も多めに摂りましょう。

特に直腸性便秘の場合、既にたまっている便がかなり硬くなっているので、
こまめな水分補給で便をやわらかくすることが大切です。

自然な便意を取り戻す

そして次に大切なのが、自然な便意が起こるように改善することです。
便のかさが増えることで便意が起こる頻度が増すので、
徐々に腸からの正常なシグナルが戻り自然な便意へとつながります。

直腸性便秘の改善には便意が起きた時に必ずトイレに行くことが重要ですが、
できるだけ決まった時間に便意が起こるようにすることで、
外出先で無理にトイレを我慢することも少なくなります。

その点で朝は一番便意が起こりやすい時間帯なので、
朝のトイレ習慣をつけることがおすすめです。

起き抜けに冷たい水を飲んで胃を刺激することと、朝食をしっかり食べることで、
大腸のぜんどう運動が活発になりお通じが起こりやすくなります。

こうした朝の食事は朝のトイレ習慣作りには欠かせないので、
まずはしっかり朝食を食べることから始めましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る