弛緩性便秘に効果的な食事

弛緩性便秘の人は大腸のぜんどう運動が弱くなっているので、
まずは腸の働きを活性化させることを意識した食事内容を考えましょう。

食物繊維は不溶性でも水溶性でもどちらでもOKですが、
不溶性食物繊維を摂る際には、必ず水分も多めに摂ることがポイントです。

不溶性食物繊維は水分を含むことで、膨張して便の量を増やしてくれます。
そのため不溶性食物繊維だけ摂っていても、
水分が不足すると便が硬くなり、さらに便秘が悪化する可能性があります。

また効果的に大腸に刺激を与える方法として、
朝起きたら冷たい水を飲むこともおすすめです。
胃が刺激されて大腸のぜんどう運動も起こりやすくなります。

便秘の原因がダイエットや不規則な生活の場合は、
食事の量を増やすことや3食の食事のリズムを整えることが必要です。

このように弛緩性便秘とひと口にいっても、
原因は様々なのでまずは原因の元を改善することから始めましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る