にんにく、りんご/便秘解消完全ガイド

にんにくのアリシン

にんにくは多くの健康サプリメントなどにも含まれる食品で、
疲労回復などの効果が知られていますが、
一方で食べた後の臭いを敬遠する人も多いのではないでしょうか。

しかし実はこのにおいの成分であるアリシンこそが、腸のぜんどう運動を高めて、
さらに腸内ビフィズス菌を増やす働きがあり、便秘解消にはとても有効なのです。

ただいくら便秘解消に効果があるとはいえ、
食後に臭いが残ることには確かに抵抗があります。
そこでおすすめしたいのが、にんにく料理の後にりんごを食べる方法です。
その際には、りんごの皮ごと食べることで消臭効果が高まります。

またりんごにも整腸作用があるので、
2つの食品を組み合わせて食べることで、さらに便秘解消効果が高まります。

りんごのペクチン

りんごは昔から下痢や便秘の改善に良いといわれる食品です。

その秘密はりんごの皮の付近に含まれる「ペクチン」という成分に隠されています。
ペクチンは水溶性食物繊維の一種で、
大腸内の悪玉菌を抑制し腸内環境を整える働きがあります。

そのためりんごを食べることで腸内の善玉菌が増えて、
便秘が解消しやすくなるのです。

さらにその他の水溶性食物繊維と同じく、腸内の有害な物質を取り除いて、
大腸ガンや糖尿病などの抑制にも役立ちます。

りんごは加熱することでさらにペクチンの働きが強くなるので、
そのまま食べるだけでなく、焼きりんごやアップルパイ、
ジャムなどに加工して食べるのもおすすめです。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る