けいれん性便秘に効果的な食事

けいれん性便秘の人は大腸が過敏になり、ぜんどう運動が活発になりすぎているので、
刺激の少ない食事を心がけることが大切です。

食物繊維は不溶性のものは大腸への刺激が強く、
かえって便秘が悪化する恐れもあるので摂取は控えましょう。

けいれん性便秘では腸管の一部が引きつった状態になっているので、
便の量が増えると詰まりがひどくなってしまいます。
そのため不溶性食物繊維のように便のかさを増やして、
腸を刺激する作用は逆効果なのです。

一方、水溶性食物繊維は腸内環境を整えてくれる働きがあるので、
食べても差し支えありません。

水溶性食物繊維は海草やこんにゃくなどに豊富に含まれているので、
これらの食品を意識して食べるようにしましょう。

また大腸のけいれんを抑えるためには、
コーヒーやお酒、タバコのような嗜好品はできるだけ摂取を避けます。
辛いものや冷たいものも刺激になるので、できるだけ食べないようにしましょう。

食事時間を確保しよう

けいれん性便秘の原因は様々ですが、ストレスが原因になっている場合もあるので、
リラックスした雰囲気で食事を楽しむことも大切な解消法の一つです。

いくら刺激物を避けてメニューを組んでいても、
時間がないからとかきこむように食事をしていては、
大腸に余計な負担をかけてしまいます。

食事の内容とあわせて、食事のスタイルも見直してみましょう。
まずは3食バランスよく食べることや、ゆっくり食事の時間を取ることを心がけましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る