芋類(さつまいも・こんにゃくなど)/便秘解消完全ガイド

食物繊維を多く含む食品の代表格として「さつまいも」が知られますが、
実はさつまいものみならず芋類全般には、
多くの食物繊維が含まれています。

そのため便秘解消のための食品として非常に優れているのです。

芋類を摂取して便秘を解消

便秘を解消するための食品としてさつまいもが挙げられることがありますが、
この理由はさつまいもに多くの食物繊維が含まれているからです。

またさつまいもに限らず、

  • じゃがいも
  • 里芋
  • 山芋

などの芋類は例外なく食物繊維を多く含み、
便秘解消の心強い仲間といえます。

ちなみにこうした芋類から食物繊維を摂取する場合は、
その調理方法によって、取れる食物繊維の量は大きく変化します。

もっとも効率よく摂取できるのは干し芋で、
焼いたり蒸したりしたときに比べて、
2倍に近い量の食物繊維を摂取できるそうです。

とはいえ、自分で干し芋はあまり作らないでしょうから、
市販のものを購入するようにするといいでしょう。

ただし、芋類に含まれる食物繊維は不溶性ですので、
けいれん性便秘の人は大量に食べるのは避けたほうがいいでしょう。

こんにゃくは便秘以外にも効く

食物繊維を摂取するために干し芋をとるのもいいですが、
便秘時にもっと摂取したい芋類が「こんにゃく」です。

こんにゃくは芋類を加工した食品ですが、
食物繊維を失っておらず大量に含まれているため、
便秘解消に役立ちます。

またこんにゃくには、それ以外にも様々な栄養素を含む万能食品で、
糖の吸収を抑え、血糖値を下げる効果や
血液をさらさらにする効果などにも期待できます。

さらに特筆すべきはカロリーが非常に低いこと。
このため、ダイエットによって便秘になった場合などは、
ダイエット計画を中断することなく、
こんにゃくを取ることで便秘も解消することができるでしょう。

また世間にはこんにゃくを加工した様々な食品がありますので、
摂取する方法も多彩です。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る