玄米は食物繊維が多いので便秘の人にオススメ

便秘解消メニューというと、
レタスなどの生野菜を中心に食物繊維を補おうとする人がいますが、
もっとも簡単に食物繊維を摂る方法としておすすめなのは、
実は主食をご飯にすることです。

食物繊維を副食だけで補おうとしても、複数のメニューを揃える必要があるで、
長続きしないことも多いものです。

その点、ご飯には食物繊維が含まれていることはもちろん、
ある程度の量を食べれば便のかさが自然に増えるので、
大腸が刺激されてお通じが起こりやすくなります。

特にダイエットが原因で便秘になっている人は、
極端な食事制限で便の量が少なくなっている可能性があるので、
食事量を増やすだけでもお通じが促されて便秘が解消しやすくなります。

玄米は白米の約5倍

そしてご飯の中でも特に便秘解消におすすめしたいのが「玄米」です。

玄米は白米の約5倍の不溶性食物繊維を含むので、
便秘を効率的に解消することができます。
炊き方が面倒だと敬遠している人がいるかもしれませんが、
水加減を多くして一晩つけた後に炊くだけなので、さほど手間はかかりません。

また最近ではレストランでも白米と玄米を選べるようにしている所もあるので、
外食の際はこうしたサービスを利用してみると良いでしょう。

玄米の食べ方の注意

玄米は不溶性食物繊維が豊富な食品ですが、
玄米だけ食べても便秘が解消するというものではありません。

不溶性食物繊維は水分を含んだ時に、初めて膨張して健康な便を作ります。
そのため水分が不足すると、
かえって腸内で不溶性食物繊維が硬くなり便秘を悪化させることがあるのです。

玄米を食べるときには、汁物などの水分と併せて食べたり、
水も適宜飲むように心がけましょう。

また腸の働きが低下して「ストレス腸」になっている場合は、玄米は腸への負担が大きく、
便が硬くなったり膨満感が増す可能性があるので摂取は控えましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る