果物(ドライフルーツ・ジュースなど)/便秘解消完全ガイド

便秘に良いといわれる食物繊維には、
不溶性と水溶性の2種類がありますが、
野菜などに含まれる食物繊維は不溶性で、
これは摂取量や便秘のタイプによっては
症状を悪化させる原因になることもあります。

しかし果物ならこうした心配もなく、
どんな便秘タイプの人でも安心して食べることができますよ。

果物に含まれている食物繊維は水溶性

便秘解消のために食物繊維を摂るのはポピュラーな改善方法ですが、
けいれん性便秘などに悩んでいる人にとっては、
この食物繊維の種類が症状を悪化させる原因にもなりかねません。

というのも食物繊維には不溶性と水溶性の2種類が存在し、
不溶性食物繊維は水分を含まず、大腸を刺激するため、
そもそも腸の動きが活発になりすぎている
けいれん性便秘の人にとっては毒だからです。

しかし水溶性食物繊維は、便に水分を運ぶ役割をするもので、
腸などを刺激することもありません。
そして、この水溶性食物繊維を多く含む食材が果物なのです。

果物ジュースは最も手軽な便秘解消メニュー

先述したように果物には、多くの食物繊維が含まれており、
便秘解消に効果が高いといわれています。

しかも、果物はビタミンやミネラルを多く含むものが多く、
健康維持の目的で摂取するのも良いでしょう。

また、野菜や芋類、豆類などは、
調理の方法によって食物繊維や栄養素が失われることがありますが、
果物は生食が基本なので、そのまま栄養分を取り込むことができるのです。

中でも果物ジュースなどは手間も少ないため
「便秘解消メニューを作りたいが時間がない」
「多くの栄養を含む食事は面倒」
という人にもオススメできます。

ちなみに、果物ジュースの甘みが足りないという場合は、
オリゴ糖をジュースに混ぜて飲むのが良いかもしれません。
普通の砂糖とは違い、オリゴ糖は腸内環境の改善の手助けをしてくれるため、
より便秘解消がはかどることでしょう。

しかし、いくら便秘に良いといっても、
果物には糖分も多く含まれています。
そのため、取りすぎに注意しなければ、
便秘とは別の形で健康を害することになってしまいますよ。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る