コーヒーは便秘解消にはおすすめ出来ない

コーヒーを飲むとお通じが起こりやすくなるという人は、
意外と多いのではないでしょうか。

コーヒーに含まれるカフェインには胃を刺激する働きがありますが、
大腸もその影響を受けてぜんどう運動が活発になるので、
お通じが起こりやすくなります。

しかし便秘対策としてコーヒーを過剰に飲むことはおすすめできません。
カフェインは強い作用があり、さらに習慣性があるので、
クセになる恐れがあるからです。

また同じくカフェインを含む紅茶などに比べても、
コーヒーでお通じが起こるという人は多いようです。
これはカフェインの効果に加えて、
コーヒーの香りや味が反射刺激となっているからでしょう。

特に朝のコーヒーの習慣は、それ自体がクセになってしまっている可能性があり、
コーヒーなしにはお通じが起こらなくなる場合もあるので注意しましょう。

腸機能を高めてコーヒー刺激に頼らないことが大切

コーヒーを飲む場合には、朝食前などの空腹時を避けて飲むようにしましょう。
空腹時にはカフェインの刺激がダイレクトに胃を刺激するので、
クセになりやすいからです。

腸の動きを活発にするためにある程度の刺激は必要ですが、
問題はその刺激なしには大腸が動かなくなるという状態です。

腸自体の働きを高めることで、
こうした特定成分の刺激に頼ることなくお通じを起こすことができます。
まずは腸機能を高めるために、規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけて、
その上でコーヒーは嗜好品として楽しむようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る