便秘のタイプにあわせて食事も変えよう

便秘が常習化していてさらに原因が病気などではない場合、生活改善をして根本的に便秘を解消することが重要です。常習性便秘は、弛緩性便秘直腸性便秘けいれん性便秘の3タ...

続きを読む

直腸性便秘の人におすすめの食事

直腸性便秘の人は頻繁に便意を我慢したことで自然な便意が起こらなくなり、直腸付近に便がたまってカチカチになっているため、排便が難しくなっている状態です。カチカチの...

続きを読む

弛緩性便秘の人におすすめの食事

弛緩性便秘の人は大腸のぜんどう運動が弱くなっているので、まずは腸の働きを活性化させることを意識した食事内容を考えましょう。食物繊維は不溶性でも水溶性でもどちらで...

続きを読む

けいれん性便秘の人におすすめの食事

けいれん性便秘の人は大腸が過敏になり、ぜんどう運動が活発になりすぎているので、刺激の少ない食事を心がけることが大切です。食物繊維は不溶性のものは大腸への刺激が強...

続きを読む

食物繊維の種類について

動物性と植物性の食物繊維食物繊維というと野菜に含まれるイメージを持つと思いますが、実は動物性食物繊維もあります。そもそも食物繊維とは食べても消化されない成分全て...

続きを読む

便秘時にできるだけ控えた方がいい食品は?

便秘を解消するのに役立つ食品や栄養素がある一方、便秘の症状をさらに悪化させてしまう可能性がある食品があるのも事実です。ここでは便秘時になるべく避けたい食品とその...

続きを読む

芋類(さつまいも・こんにゃくなど)

食物繊維を多く含む食品の代表格として「さつまいも」が知られますが、実はさつまいものみならず芋類全般には、多くの食物繊維が含まれています。そのため便秘解消のための...

続きを読む

豆類(納豆・豆腐など)

芋類のほか、豆類も食物繊維を多く含む食材です。また豆類には食物繊維だけではなく、体に必要な栄養を豊富に含んでいるため、健康にもよいのが特徴です。豆類で便秘解消&...

続きを読む

プルーン、アロエ

「緩下作用(かんげさよう)」とは下剤などに用いられる、大腸を刺激してお通じを促す働きのことです。これは下剤だけに含まれる作用ではなく、食品の中にも緩下作用を持つ...

続きを読む

にんにく、りんご

にんにくのアリシンにんにくは多くの健康サプリメントなどにも含まれる食品で、疲労回復などの効果が知られていますが、一方で食べた後の臭いを敬遠する人も多いのではない...

続きを読む

果物(ドライフルーツ・ジュースなど)

便秘に良いといわれる食物繊維には、不溶性と水溶性の2種類がありますが、野菜などに含まれる食物繊維は不溶性で、これは摂取量や便秘のタイプによっては症状を悪化させる...

続きを読む

梅干し、酢の物

お酢は疲労回復に効果があり体調を整えることで知られますが、実は便秘解消にも効果があります。お酢に限らず酸味のある食品全般に、大腸のぜんどう運動を高める働きがある...

続きを読む

雑穀米

白米に比べると雑穀米は食感がパサついているからと敬遠されがちですが、ミネラルや食物繊維が豊富で、便秘解消や腸内環境の改善にはとても役立つ食品です。いずれも昔は体...

続きを読む

野菜類は生ではなく温野菜がオススメ

野菜は全般的に食物繊維が豊富なので、便秘の際には積極的に食べたい食品です。便秘解消というとサラダなどの生野菜をイメージする人が少なくありませんが、実際には温野菜...

続きを読む

コーヒーは便秘解消にはおすすめ出来ない

コーヒーを飲むとお通じが起こりやすくなるという人は、意外と多いのではないでしょうか。コーヒーに含まれるカフェインには胃を刺激する働きがありますが、大腸もその影響...

続きを読む

最低限の油も必要

便秘解消には適度な油分摂取も必要です。ダイエット中の人は、逆に油を摂らないことで便秘を悪化させている可能性もあります。油に含まれる脂肪酸は腸を刺激してぜんどう運...

続きを読む

玄米は食物繊維が多いので便秘の人にオススメ

便秘解消メニューというと、レタスなどの生野菜を中心に食物繊維を補おうとする人がいますが、もっとも簡単に食物繊維を摂る方法としておすすめなのは、実は主食をご飯にす...

続きを読む

時間がない朝でも必ず食べたい便秘解消メニュー

忙しい現代では朝食を抜く人も多いと思いますが、便秘の解消に朝食を摂ることは欠かせません。朝はそれまで眠っていた内臓が目覚める時間帯です。この時間に食事をすること...

続きを読む

ページの先頭へ戻る