シャワートイレの使いすぎに注意

シャワー洗浄機能付きのトイレは、
その快適さから商業スペースだけでなく自宅でも取り入れる人が増えています。
排便後も肛門を清潔に保つことができると人気の機能ですが、
便秘の人の中には、お通じを促すためにこのシャワー機能を利用している人がいます。

つまり、「肛門をシャワーで刺激することで便意を起こす」という使い方です。

このような使い方にも効果はあるのかもしれませんが、
シャワー洗浄による外的な刺激に頼り過ぎてしまうと、
内側からの自然な便意を奪う恐れがあるので注意が必要です。

使いすぎるとシャワー洗浄なしにはお通じが起こらなくなってしまい、
かえって便秘が悪化してしまうことがあるからです。

シャワー洗浄の刺激によって切れ痔になることも

シャワー洗浄は確かに一時的にはお通じを起こしてくますが、
効果は徐々に薄れていきます。

その場合、シャワーの洗浄力を上げたり、
シャワー洗浄の時間を長くすることになりますが、
このように刺激を強くすることで逆に肛門部分の感覚は鈍くなるので、
自然な便意はさらに起こりにくくなります。

また刺激が強くなることで、
肛門周辺の皮膚が傷ついたり皮膚炎を起こすこともあります。

さらにシャワー洗浄が元で切れ痔になってしまうと、
切れ痔がトイレの障害となって便秘も悪化させてしまいます。

このようにシャワー洗浄は便利な機能である一方で、
使い方を間違えると便秘を悪化させることにもつながります。
外的な刺激に頼りすぎないように注意して、
また生活改善をしながら内側から便秘を解消するように心がけましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る