長すぎるトイレはダメ

硬くなった便を出そうとして、長くトイレにこもった経験がある人も多いと思います。
しかし長くトイレで頑張ったからといって、便秘が解消するわけではありません。
逆に長くトイレに入ることがクセになってしまい、
お通じがなかなか起こりにくくなってしまうこともあります。

自然なお通じを起こすためには、まずは自然な便意に従うことが大切です。
便意を無理に我慢することはもちろん厳禁ですが、
それと同時に無理やり便を出そうとするのもよくありません。

なんとか便を出そうと長時間トイレに入っていると、それがクセになってしまい、
常に時間をかけないと排便できない状態になってしまうからです。

長くトイレに入るのがクセになってしまうと、
学校や仕事場などでトイレに行く時間が取りにくくなってしまい、
その結果、無理に便意を我慢せざるを得ないという悪循環に陥ってしまいます。

便秘解消のために毎日決まった時間に、
トイレに行く習慣をつけることは大切なことですが、
それと同時に、「トイレに入る時間は長くても5分まで」というルールを守りましょう。

トイレで長く力むと痔の原因になる

トイレで長く力むことをくり返していると、痔になる確率が高くなってしまいます。
便秘が続くと便が硬くなるので、
これを無理に出そうとして切れ痔になっている人も多いと思います。

また長く力むことで、肛門付近の血流が悪くなり、
うっ血してイボ痔になる可能性もあります。

いずれの痔の症状も強い痛みをともなうので、余計に排便が困難になってしまい、
便秘を悪化させるという悪循環になります。
慢性便秘の人に痔が多いのは、こうした理由からです。

便秘を改善しようとトイレに長く入ることで、
便秘を悪化させてしまっては意味がありません。
あまりに便が硬い場合は無理に出そうとせずに、
機械性下剤などを利用して一時的に便をやわらかくすることも必要です。

ただし、自己判断で安易に下剤を使うのはよくないので、
便秘の症状が辛い時には、
病院などに相談して安全な薬を出してもらうようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る