血便が何日も続いている

言うまでもありませんが、
便に血が混じるということはどのような状況であれ異常です。

また便秘と血便の症状が同時に表れた際には、
体の中で重大な疾患が進行している可能性もあります。

このような状況になったらすぐに病院へ行きましょう。

血便が出る便秘になる原因とは

便秘になると便が硬かったり、短いものしか出なかったりと、
便に異常が表れることは少なくありません。
しかし、血便が出るというのは、単なる便秘の症状としては考えられないことで、
こういった便秘は症候性便秘の可能性があります。

症候性便秘とは、他の病気によって便秘の症状が併発するもので、
便秘のほかにも様々な症状を引き起こします。
そしてそのひとつが血便なのです。

血便を伴う便秘になる病気の例としては、下記のものが挙げれます。

便秘になると便が硬くなるため、
無理に出そうとして肛門を傷つけることがある。
また痔の痛みが原因で便意を我慢し続け、便秘になることも。

腸炎

便秘とは関係なく発症することもある。
原因はウイルスやアレルギーなど様々だが、
炎症がひどい場合などは出血がひどく命に関わることもある。

大腸ポリープ

大腸の内壁が隆起しイボのようなものができる病気。
便が通過するときに傷がつくと出血を伴い血便が出る。

大腸がん

血便になる原因はポリープと似ており、
患部を便が通過する際に傷がついて血便となる。
なお、血便や便秘など以外に自覚症状が少なく、
早期発見には便の状態などに注意しておく必要がある。

このうち、痔などであれば、排便時に痛むなどの自覚症状がありますので、
すぐに判明できるでしょう。
そのため、問題はその他の病気になります。

いずれの病気も放っておけば症状が改善するようなものではなく、
血便が出たときは直ちに病院へと行くのが正しい選択でしょう。

何日も続く血便は難病のサイン

なお、便秘の症状とは別にしても、
血便があまりに長く続く場合は、体が難病に蝕まれているサインかもしれません。

血便が続く病気として有名なのは「潰瘍性大腸炎」「クローン病」など。
これらの病気はいまだ詳しい発症の原因が特定されておらず、
難病指定がされているほどのものです。

症状としては血便のほかに、

  • 発熱
  • 腹痛
  • 下痢

などがあります。

早期発見できれば治療することもできるのですが、
病状が進行していくと、結膜炎や皮膚炎などになり、
最終的には肝硬変などの合併症を引き起こすことにもなりかねません。

便の状態は体の調子を計る重要な要素です。
便秘などがない場合でも日ごろから注意深く見ておいたほうがいいかもしれませんね。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る