お腹にガスが溜まって傷みを感じる

便秘になったとき、便が溜まってお腹が痛い、という人がいます。
確かにこの表現も間違いではないのですが、
実際に腹痛の直接的な原因となっているのは、
便ではなく、ガスのせいであることを知っているでしょうか。

便秘時の腹痛の原因

慢性便秘になると、便秘による腹痛を感じる人も多いことでしょう。
このとき、痛む場所は下腹付近ではなく、
お腹の真ん中や胃の辺りなのではないでしょうか。

こうした痛みは便が腸内に溜まっているせいだと思うかもしれません。
しかし実際には腹痛になるほどの量の便が腸内を満たすことはまずありません。
お腹の痛みは実はガスが溜まっているせいなのです。

便秘になると確かに便が腸管を塞いでしまうのですが、
実はこのとき、出て行くはずのガスが行き場を失い、
どんどん腸に溜まっていってしまいます。
これが腸などを圧迫し、膨満感や痛みを起こすのです。

しかし、ただのガスと思って甘く見てはいけません。
こうしたガスがどんどん溜まると、腸内だけではなく、
胃やわき腹にまで痛みを感じるようになり、
最悪の場合、生活に支障をきたしてしまうほどになることもあります。

便秘が長く続くと常にお腹にガスが溜まってしまうようになります。
慢性便秘の人は特に気をつけたいですね。

腸にたまったガスを抜くには

お腹に溜まったガスを抜くには、ガスの逃げ道を作ってやる必要があります。
そのためには、まず大腸を塞いでいる便を柔らかくすると良いでしょう。

具体的には、下剤を使用すること。
といってもここで使用するのは一般的な刺激性下剤ではなく、機械性下剤です。

機械性下剤とは、大腸を刺激して排便を促す刺激性下剤とは異なり、
便を柔らかくすることで排便を容易にする下剤のことです。

こうした機械性下剤の多くには「酸化マグネシウム」という成分が含まれ、
これは、腸内で便が水分を失うのを防ぎ、便を柔らかくしてくれます。
こうすることにより、便が腸管を塞いでしまうことは少なくなり、
また便が柔らかくなることでガスを抜きやすくするのです。

ただし、腎臓病などを持っている人は、
マグネシウム系の下剤の使用が制限されている場合などもあります。
そのため不安な人は事前に医師などに相談しておくようにすると良いでしょう。

ちなみに腸内に溜まったガスは当然オナラとして出てくることになりますが、
このときにあまり我慢をしすぎるのもよくありません。
我慢をするとお腹の痛みを増幅させてしまうことになりますので、
ほどほどにしておきましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る