間食や「だらだら食べ」も便秘の原因に

食事の内容だけでなく、「食べ方」の良し悪しも便秘の原因になることがあります。
特に食べる時間が不規則だったり、好きな時にだらだらと食べる習慣がある人は、
便秘になりやすいので注意が必要です。

食事は消化器官を動かして腸を刺激する効果があり、
特に朝食は眠っていた内臓を目覚めさせて、
腸のぜんどう運動を起こりやすくしてくれます。

しかし、だらだらと食べる生活を続けていると、
食事が消化器官にとって特別な刺激にはならないため、
腸の反応も鈍くなってしまいます。

朝食を食べているのにお通じが起こりにくいという人は、夜の食事の内容や、
日ごろの食べ方に問題があるかもしれません。
一度、食事や生活習慣を振り返ってみましょう。

食べ方が自律神経に影響する

さらに食べ方は自律神経の働きにも影響します。
自律神経は、交感神経と副交感神経を切り替えながら体のバランスをとる、
大切な神経器官です。

そのためストレスなどで自律神経の働きが狂うと、
体に様々な影響が現れます。

中でも影響を受けやすいのが胃腸などの消化器官です。
自律神経が狂うことで、腸が正しく働かなくなり、
便秘や下痢などの原因になることも分かっています。

自律神経は体全体に関係しているので、
生活習慣や食事のとり方によっても影響を受けます。
間食のとり過ぎや「だらだら食べ」は、自律神経の働きを崩すきっかけになります。

常に体内に食物が残っていると、
自律神経からの指令で消化器官が常に働いている状態になるので、
胃腸への負担が大きいだけでなく、自律神経の働きにも悪影響が出ます。
これが便秘を引き起こす原因になってしまいます。

食べ方にメリハリをつけることは、内臓の働きを高めるだけでなく、
自律神経の働きも正常にしてくれます。

不規則な生活や食べ方に気をつけて、
まずは体のバランスを整えるようにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る