トイレは和式と洋式のどっちがいい?

まだ日本に洋式トイレが普及し始めて間もない頃は、
「洋式トイレは座れるから楽だけど、ふんばりにくい」などと言われたものですが、
実際にはどちらかかの様式に慣れてしまえば、りきみやすさにはあまり差はありません。

現在では洋式トイレが主流になりつつあるので、
逆に和式トイレだと排便ができないという人もいるかもしれません。

いずれにしてもお通じを促すためには、快適なトイレ環境がとても大切になります。
特に自宅のトイレは毎日使うところですから、清潔に保つことを心がけましょう。

和式と洋式、良さは一長一短

和式か洋式か、どちらが良いかという点では、
どちらにも良い点があれば悪い点もあるので、一概にどちらが良いとは言えません。

和式の場合はお腹に力が入りやすいので、排便の時間は短い傾向がありますが、
高齢者や妊婦には足に負担がかかりバランスを崩しやすく危険です。
また痔を患っている人にもこの姿勢は辛いものです。

一方、洋式トイレの場合は座って排便できる分、
排便までの時間が長くなる傾向があります。
そのため排便に時間がかかるクセがついたり、痔になりやすいとも言われます。

逆に痔になっている人には肛門が無理に押し広げられないので、
楽な姿勢で排便を行うことができる点で楽です。

このように和式にも洋式にもそれぞれのメリットとデメリットがあります。
しかし大切なことは、毎日のトイレタイムが快適に行えるかどうかです。
上に説明した清潔さに加えてトイレの臭いや室温にも気をつけて、
トイレタイムを快適なものにしましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る