便秘になると体臭が強くなるって本当?

便秘になると体臭が強くなるという話がありますが、
これは事実で、便秘の症状が進むと実際に体臭の元になります。

また便秘は体臭の元だけではなく、
体の健康に重大な問題を起こすため、できるだけ早く改善しましょう。

体臭の原因のひとつは腸から出ている毒素にある

大腸は、小腸で吸収しきれなかった栄養や水分を吸収し、
全身に運ぶ役割を果たす器官です。

しかし、便秘になると便が大腸内に留まり、
様々な有毒物質を排出するようになります。

このとき、大腸内に溜まった毒素は大腸の働きによって、
体に吸収され、血管をめぐって全身に運ばれることになります。
そして、この毒素が「アセトン臭」という独特の体臭となってしまうのです。

そのため、便秘になると体臭が強くなるのは本当です。

また便秘になり、腸内環境が悪化すると、
体にも様々な悪影響を与えることになってしまいます。

腸内環境の悪化で表れる症状

腸で吸収されてしまった毒素が全身を回ることで出る症状は、
体臭が強くなるというものだけではありません。

その他、見た目に表れる代表的な症状としては、
肌荒れやアレルギーなどです。

便秘は決して体内だけに関係するものではありません。
腸内環境が悪くなれば、
体の新陳代謝などにも影響を及ぼすことになってしまうのです。

便秘は体の内から外にまで影響し、
不健康にしてしまう病気ですので、
常習化させないように、早めの対処が必要です。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る