どうして生理前になると便秘になるの?

女性ならではの悩みとして、生理前に便秘症状が起きることがあります。
これはPMS(月経前症候群)と言って、
生理前に現れる症状のうちのひとつなのです。

ここではPMSによる便秘への正しい対策などを説明します。

生理前の便秘はPMSの一種

生理前は便秘のほかにも、ちょっとしたことでイライラしたり、
情緒不安定になるなど様々な症状が出ると思います。

これはPMS(月経前症候群)と言い、
月経前1〜2週間に分泌される黄体ホルモンの影響によるものです。

このPMSの代表的な症状としては、

  • 便秘
  • 理由のないイライラ
  • 肌荒れ
  • 体や乳房の張り

などがあります。

便秘と黄体ホルモンの関係性としては、そのホルモンの特性が関係しています。
黄体ホルモンには、水分を溜め込む働きがあります。
そのため、これが便の水分も奪ってしまい、
そのせいで便秘症状を引き起こすのです。

生理前の便秘の正しい対策

生理前の便秘は確かにPMSによるもので、
基本的には生理が始めるのと同時に便秘の症状も落ち着きます。

しかし、いくらPMSのせいだからと言って
症状を放っておくのは辛いものですし、
またそのまま便秘症状がクセになってしまうこともあります。

そのため便秘対策は万全にしておきましょう。

とはいえ、ここで症状を緩和させようと刺激性下剤を使って、
便を出そうとするのは避けましょう。

なぜなら刺激性下剤はそれ自体に習慣性があり、
強制的な刺激で便を出すため、腸の働きが鈍る可能性があるからです。
服用するとしても便の水分量を増やしたり保護する機械性下剤を使いましょう。

また、腸内環境を正常に保つのも重要な便秘対策です。
善玉菌を含むヨーグルトなどの食品と、オリゴ糖などを同時に摂取して、
腸内環境の改善に努めましょう。

PMSは毎月必ず向き合わなければいけない症状です。
そのため、間違った対処を毎月続けていると、必ず体をおかしくしてしまいます。
正しい対処を知り、自己判断で薬を服用するなどは避けましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る