便秘だとおならが臭くなる?

おならは臭いのが当たり前、と思っている人がほとんどだと思いますが、
実は腸が健康な人のおならの臭いはそれほど強くはありません。

逆に便秘がちで腸内環境が悪い人の便やおならの臭いはきつくなります。
これは悪玉菌が優勢な腸内では、
インドールやスカトールといった老廃物が増えるためです。

悪玉菌が増えると腸内に届いた食べ物の腐敗が進みます。
食べ物が腐敗するとインドールやスカトールといった、
有害なガスが発生し腸内に充満します。
これらは少量でも強い臭いを放つため、おならが臭くなってしまうのです。

おならや便がいつもより臭くなったと感じたら、腸内環境が悪化しているサインです。
便秘になる前に食事や生活習慣を見直して、腸内環境を整えるようにしましょう。

食物繊維を食べて腸内環境を良好に

おならが臭くなる原因は腸内環境が悪化したことで発生する腐敗物のガス臭です。
逆に腸内環境が良好な場合は、おならの臭いも強くなりにくいものです。

腸内環境を整えて腸に善玉菌を増やすためには、食事の内容がとても重要になります。

食物繊維は便秘解消に効果があることはもちろんですが、
腸内の有害な物質を絡めとる働きもあるので、
腸内に付着した老廃物をキレイにするには最適な食品です。

ただし食物繊維だけでは栄養バランスが悪く、健康な便を作ることもできないので、
バランスの良いメニューを心がけて、適度な水分補給も忘れないようにしましょう。

また下剤などを利用して排便を起こしても腸内環境が悪いままでは、
たとえ腸内に便がたまっていなくても、おならの臭いは改善しません。
逆に下剤を安易に使うと下剤依存症となって、
腸内環境をさらに悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る