牛乳は便秘に効くって本当?

便秘の解消に朝起き抜けの冷たい牛乳を飲んでいる人もいると思います。
腸では、空腹な胃に食べ物が入ることで起こる「胃・結腸反射」によって、
大腸のぜんどう運動が活発になります。これは牛乳に限った作用ではなく、
冷たい水でも同じような効果が得られます。

ただし便秘のタイプによっては、こうした刺激が逆効果になる場合もあるので、
まずは自分がどのような便秘タイプになるのか確認するようにしましょう。

特にけいれん性便秘の人には刺激性の飲食は逆効果になるので、
冷たい刺激が返って症状を悪化させる場合もあります。
冷たい飲み物でお腹がゴロゴロしたり、
腹痛や下痢の症状が出やすいという人も、この方法はおすすめできません。

しかし牛乳は飲み方さえ工夫すれば、便秘解消に有効な飲み物です。

牛乳にはラクトースという乳糖成分が含まれますが、
これは大腸内でビフィズス菌などの善玉菌の餌になるという働きがあります。
そのため牛乳を飲むと腸内で善玉菌の増殖が促されて、
腸内環境が整いやすくなります。

腸内環境が整えば自然と腸の働きも活発になるので、
便秘解消につながるというわけです。

冷たい牛乳は刺激が強すぎるという人は、ホットミルクにして飲むようにしましょう。
その際にはスプーン1杯のオリゴ糖を混ぜて飲むと、
さらに腸内環境が整いやすくなるのでおすすめです。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る