大量にアルコールを飲めば便秘が解消するって本当?

「酒は百薬の長」という言葉がありますが、
アルコールには便秘を解消する効果が確かにあります。

しかし便秘解消を目的とするのであれば、飲みすぎは厳禁。
「過ぎたるは及ばざるが如し」という慣用句も覚えておきましょう。

アルコールが便通を良くする

お酒が便秘解消に役立つのは、
アルコールが腸を刺激する作用を持っているからです。

また、お酒で便秘が治るのはこれだけが理由ではありません。

例えば、ビールなどに含まれている炭酸も便秘解消の助力になります。
炭酸は腸のぜんどう運動を活発にするのです。

さらに当然ですが、お酒も水分ですので、
便を柔らかくし、さらに便通を良くしてくれるのです。

加えて、アルコールは血行を良くする効果もありますので、
内臓の働きも活発になります。

まさに百薬の長という呼び名にふさわしい活躍ですね。

飲みすぎは体調を崩す原因に

しかし、そんなアルコールも飲みすぎると毒であることは知っての通りです。

先述したようにアルコールには、腸を刺激する効果があるといいましたが、
この刺激は非常に強いもので、
特に胃腸がその影響を大きく受けてしまいます。
少量のアルコールであれば問題はありませんが、
度が過ぎると逆に胃壁などを荒らすことになり、
潰瘍などに発展してしまうこともあります。

そして、最も被害を受ける内臓が肝臓です。
肝臓はアルコールを分解する器官ですが、
大量のアルコールを一度に処理する力はなく、
長い時間をかけて休みなく働くことになりますので、かなりの負担がかかります。

さらにこうしたアルコールの摂取をずっと続けると、
肝臓が処理できなくなり、働きが正常でなくなってしまいます。
これが肝硬変などの重い病気につながってしまうのです。

あくまで便秘解消のためにアルコールを摂るというのであれば、
強い度数のあるお酒は避けて、
アルコール度数の少ないものを適量飲むだけに留めましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る