腸のマッサージで便秘解消

便秘になると腸のぜんどう運動のリズムが狂い、正常なお通じが起こりにくくなります。
そこでおすすめしたいのが「腸マッサージ」です。

腸マッサージはぜんどう運動の動きに沿って行うもので、
ぜんどう運動のリズムを整えるのに効果的です。

寝る前に横になった状態で行ない、朝のお通じにつなげましょう。

マッサージの際には腸の形を考えながら行なうと、
便を効果的に押し流すことができます。

特に腹部左下に位置するS字結腸は便がたまりやすく、
便秘が長引くとガンや病気などの異常が起こりやすい箇所なので、
この部分を意識してマッサージすると良いでしょう。

目的を意識してマッサージを

上でも説明したように腸マッサージをする際には、
S字結腸など便の停滞しやすい部分を意識してマッサージすることが大切です。
一つ一つのマッサージの動きにはそれぞれ目的があるので、
その目的を理解した上でマッサージを行うとより効果的です。

時計回りマッサージ

大腸はおへそを中心に時計回りに位置しています。
ぜんどう運動も時計回りに起こるので、
ノの字を描くようにマッサージをすると良いでしょう。

便は下腹部左側のS字結腸を通って肛門へと送られるので、
S字結腸の付近は少し強めに押して刺激すると、便の流れが良くなります。

血行促進マッサージ

大腸付近の腰の血行を良くすることで、大腸機能を高めるマッサージです。
背骨を挟んで左右対象に両手を当て、背中から腰までをさすります。
その際には手を温めて行なうと、血行が良くなるのでより効果的です。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る