薬草茶による便秘解消効果や副作用について

薬というほどではありませんが、
薬草茶は飲用することで便秘に効くと言われています。
もちろん、実際にその効果もあり、
便秘に悩んでいる人は解消方法の一環として飲用するのも良いでしょう。

ただし、その効果などを甘くみていてはいけませんよ。

薬草茶はどれぐらい便秘に効く?

薬草茶は、漢方薬ではないものの、便秘に効くれっきとした商品です。

イメージとしては、
「ハーブティーよりも効果が高く、漢方薬ほどではない」
というぐらいの効き目があると考えておきましょう。

便秘解消に役立つ薬草茶としては、
「ドクダミ」や「センナ」を含む薬草茶が有名で、
こうした薬草茶は、ドラッグストアなどで市販されており、
手軽に入手することができます。

しかしドクダミやセンナには、大腸を刺激して便通を促す効果を持ちます。
こうした効果を峻下(しゅんげ)と言いますが、
これは「少ない量で強烈に下す」という意味を持つ言葉です。

このことからも分かるように、いくら漢方薬ではないといえ、
それなりの効果を持つと考えて間違いはありません。

またお茶ですので、峻下の効果に加えて、
水分を補給し、便を柔らかくする効果もあります。

便秘症状が深刻でないうちに、ある程度飲用するようにすれば、
便秘解消効果を期待できるでしょう。

薬草茶の副作用

こうした薬草茶は、漢方薬ではないものの、
ドクダミやセンナといった薬草には、
先述したように強い峻下作用があります。

そのため、飲用することで副作用が出る場合もあるのです。
特に体力のない人や高齢者の飲用には注意。
体力に自信がある人でも、一度に大量に飲んだりするのは避けましょう。

また長期間の服用にも注意したほうが良いでしょう。
薬草茶には、下剤ほどではありませんが習慣性があり、
ずっと飲み続けると、クセになってしまうことがあるからです。

副作用として表れる症状は、腹痛やなどですので、
こういった症状が出た場合には、飲用を止めるようにしてください。

ちなみに、こうした副作用を避けるために
薬草茶に麦茶などをブレンドするのは効果的です。

薬草茶の独特の風味も薄れますし、体への負担も少なくなるため、
興味のある方は、ブレンド薬草茶から飲み始めるといいかもしれません。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る