便秘解消に効果的な漢方薬の選び方

一般的な医薬品と異なり、漢方薬は体に優しい、
というイメージを持つ人も多いかと思います。

しかし、これは間違いです。

漢方薬も薬の一種で、その薬効や副作用もそれぞれ異なるもの。
勝手なイメージから自己判断で服用するのは危険なので注意しましょう。

漢方薬の特徴と効果

テレビCMなどで「生薬配合で体に優しい…」などのコピーが溢れているため、
漢方薬は化学薬品とは違って、服用するのに注意が要らない、
と考えている人も多いようです。

確かに漢方薬は自然物から抽出した成分を使っていますが、
それでも薬であることに違いはなく、
化学薬品と同じく副作用だってあります。

そのため、漢方薬だからむやみに服用しても大丈夫ではなく、
始めて服用するときなどはきちんと専門医などに指導をしてもらう必要があります。

また、漢方薬は病気の元である菌を殺したり、
または疾患に直接作用することを目的としておらず、
どちらかといえば、体全体の調子を整えることに主眼を置いています。
そのため、便秘の症状のみならず薬の作用は体全体に及ぶことが多いのです。

これらのことから漢方薬の処方は、
特に服用する人の体質や体力などに左右されることが多く、
化学薬品よりも注意して薬を選ぶことが重要になります。

現在では、便秘解消のための製品として、
漢方入りのものも多く市販されていますが、
上記のように「漢方だから大丈夫」と、気軽な気持ちで服用すると、
その副作用などに悩まされることも多いため注意しましょう。

自分の体に合った漢方を選ぼう

先述したとおり、漢方は種類によって効き目の強さが大きく変わります。
例えば、便秘解消で有名な漢方といえば、大黄やセンナですが、
これらのものは市販の便秘薬に含まれるほど強力なもの。
体力のない人が服用すると
強烈な腹痛や下痢などの副作用を引き起こしてしまいます。

そこで、下記では体質や体力に応じた便秘薬の選び方を紹介します。

体力に自信がない人

  • 桂枝加勺薬湯(けいしかしゃくやくとう)
  • 潤腸湯(じゅんちょうとう)
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

大黄やセンナなどは効き目が強いため含有量の少ないものを選びましょう。

一般的な体力を持つ人

  • 麻子仁丸(ましにんがん)
  • 乙字湯(おつじとう)

一般的な体力を持つ方であれば、下剤効果のある漢方薬を服用しても
特に問題はありません。
とはいえ、強力なものでは副作用が出る可能性があるため、
副作用の心配が少ない上記の漢方薬がオススメです。

体力に自信のある人

  • 通導散(つうどうさん)
  • 調胃蒸気湯(ちょういじょうきとう)
  • 桃核蒸気湯(とうかくじょうきとう)

体力のある人であれば、下剤効果の高い漢方薬を使用するのも良いでしょう。
ただし、効き目も常習性も高いため、
服用前には念のため専門医と相談をしておくのがベストです。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る