便秘の時は子供でも漢方薬を飲むことはできる?

漢方薬はれっきとした薬ですので、子供に服用させる場合は注意が必要です。
基本的に、服用する場合は事前に医師の診断を受けるのが適切な処置でしょう。

その上で、ということであれば、子供にも漢方薬を使用することはできますが、
それでも強い効能があるものなどは避けるのが無難です。

子供の便秘を治すための漢方薬

基本的に子供は体力が少なく、
薬に耐えられるだけの体内機能を備えていません。

そのため、便秘になった場合でも、
まずは薬に頼らずにマッサージや食生活の改善、
または生活環境を変えることで治療をするのがベストといえるでしょう。

しかし、便秘の症状がひどく、どうしても薬を使いたい、
というのであれば、大腸を刺激するタイプではなく、
腸内環境を整えるタイプの薬を選ぶようにしましょう。

具体的に言えば、大黄やセンナなどの成分は、
大腸を刺激することで排便を促すタイプになりますので使用を控えること。

そして、子供の体質などによって、
「小健中湯」や「大健中湯」などの整腸作用のある漢方を選びましょう。
これらは大腸を直接刺激するわけではなく、
その働きを活性化させたり、体内環境を正常に保つ作用があります。

ただし、それでも素人が選ぶのは十分に危険なことなので、
できれば専門医に相談した上で処方してもらったほうが良いでしょう。

漢方薬を使わないで子供の便秘を治す方法

冒頭にも少し触れましたが、
漢方薬も薬である以上、なんらかの副作用を持っており、
子供の体には負担が大きすぎる可能性があります。

また、強力なウイルスなどに感染していない限り、
子供の腸内には悪玉菌がそもそも少ないため、
腸内環境を改善するだけで、便秘には十分な効果が期待できます。

そのため、漢方を使わないで便秘を治す方法も知っておくべきでしょう。

漢方薬を使わずに便秘を治す方法として、
最もオススメしたいのが、
「オリゴ糖」などを使って腸内環境を整える方法です。

オリゴ糖は、赤ちゃんの便秘対策としても使われているもので、
腸内の善玉菌を増殖させる手助けをし、腸内環境を整える作用を持っています。

飲ませる方法は、直接舐めさせる方法のほか、
甘味料として料理や飲み物に混ぜるだけでもかまいません。

オリゴ糖は糖類のひとつで薬品ではありませんので、
副作用などの心配もなく、飲ませ続けることもできるため、
子供の便秘を解消するにはもってこいの食材です。

ただし、一度に大量に飲ませ続けると、便が緩くなる程度の作用はあります。
そのため、目安としては1回に1g程度の量を
一日に複数回に分けて飲ませるようにするといいでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る