副作用のある漢方薬もあるので飲むときは注意が必要

漢方薬は、その言葉のイメージやCMのコピーなどから
「自然で体に優しい」と思い込まれてしまっています。

しかし漢方薬にも副作用はあり、
また非常に強力な作用を持ったものも多く存在します。

誤った知識をもったまま漢方薬を使うと、
思わぬ副作用に悩まされてしまうかもしれません。

漢方薬にも副作用はある

漢方薬は自然の生薬を使っているから、体に優しい、と勘違いしている人は
意外に多いかもしれません。
しかし、漢方薬も薬であることに違いはなく、副作用もあります。

そのため、勝手に「安全だ」と思い込んで服用をしていると、
副作用に悩まされることになってしまうでしょう。

特に体力の弱い人や高齢者などは、
こういう勘違いから体調を崩す人が多いそうなので注意が必要です。

ちなみに、便秘向けの漢方薬の多くに含まれる大黄やセンナという成分は、
便秘用の大腸刺激系下剤にも使われているものです。

このことからも分かるように、
漢方薬だからと言って副作用もなく、
体に優しいというのは勘違いであることがわかりますね。

漢方薬の副作用

すべての漢方薬に共通するわけではありませんが、
便秘向けの漢方に含まれる大黄やセンナという成分は、
非常に強い薬効を持っており、副作用も効能に比例して出やすいのが特徴です。
代表的な症状としては、激しい腹痛や下痢などが出ることになります。

こうした副作用は、特に服用を始めた頃や多量の摂取後に出ることが多いため、
漢方薬を服用する際は、

  • 用法・用量を守ること
  • 飲み始めは量を抑えて相性を確かめること

などに注意する必要があります。
また、服用前に医師に相談しておくと、こうした心配も軽減するでしょう。

しかし、漢方薬で本当に怖い副作用はこうした一時的な体調不良ではありません。

大黄やセンナといった強い作用のある薬は、
飲み始めこそ効果が歴然と表れるものですが、
飲み続けることによって徐々に体がその刺激に慣れていってしまいます。

そして、効果が薄れたと思って、大量に摂取したり、
また長期間飲み続けることで、大腸の機能自体が麻痺し、
徐々に働きが鈍くなってきてしまうようになるのです。

また、大黄やセンナなどの成分は、
大腸メラノーシスという病気を引き起こす原因にもなります。

この病気は、上記のようなアントラキノン系の成分を含む下剤を
長期間にわたって服用し続けたことによって発症するもので、
大腸の内壁に色素が沈着して黒ずみ、硬くなってしまうものです。

そうなると当然大腸の働きはどんどん鈍くなってしまい、
最終的には下剤なしに排便することすら難しくなってしまうのです。

漢方薬は用法を間違えると、
このように深刻な副作用を引き起こす強力な薬です。

漢方薬は「体に優しいから大丈夫」という勘違いは改め、
その効果をしっかり理解したうえで正しく服用しましょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る