便秘解消のためには乳酸菌(ビフィズス菌)とオリゴ糖が効果的

便秘を自然に解消するには、
腸内環境を整えて働きを活性化するのが一番です。
そのためには腸内の善玉菌、
つまり乳酸菌(ビフィズス菌)を増やすのが最短の近道といえるでしょう。

腸内環境を整えるためには

便秘が引き起こされる原因のひとつには、
腸内環境の悪化という理由もあります。

腸内には大まかに善玉菌と悪玉菌という菌が生息しており、
腸内に溜まった便から有害物質が出ると、
これをえさにした悪玉菌が繁殖してしまいます。
そして悪玉菌が増えると、腸の働きが阻害され、便秘の原因にもなります。

これとは逆に善玉菌を増やすことができれば、
腸の働きや自浄作用が活性化し、便秘も改善されることになるのですね。

そして、この善玉菌の一種で有名なものが、
ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌(ビフィズス菌)です。
ヨーグルトが便秘に良いと言われるのは善玉菌が多く含まれている、
という理由からなのですね。

乳酸菌をオリゴ糖で増やす

さて、腸内環境を整えるには乳酸菌を増やすのが良く、
それが多く含まれるヨーグルトは便秘に良い、と述べました。

しかしながら実際のところ、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、
そのほとんどが大腸に到達する前に死んでしまうのです。

もちろんそれでもヨーグルトには多くの栄養が含まれており、
大腸に良いのは間違いではありません。
しかし、腸内環境を劇的に改善してくれるわけではないのです。

では、いったいどうすれば腸内環境がきれいになるのか。
ここで注目したいのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は乳酸菌のえさとなる成分で、しかも乳酸菌とは違い、
食べ物から摂取しても胃や小腸で消化されにくいという特徴を持っています。

そのため大腸にしっかりと届き、
善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖こそが便秘解消の鍵と言えるのです。

腸内まで乳酸菌を運ぼう

乳酸菌やオリゴ糖は便秘を解消する大きな役割を担っています。

しかし、こうした成分が含まれていると言われる食品でも、
先述したヨーグルトのように期待する効果が表れないこともあるのです。

そのため効率よく成分を摂取し、腸内環境を整えるためには、
いくつか注意すべき点があります。
下記にそのポイントを紹介しますので、しっかりと覚えておきましょう。

乳酸菌を摂取するポイント

乳酸菌は普通に食品などから摂取しようとしても
途中で死んでしまい、大腸まで届きにくい成分です。
そのため、摂取するにはサプリメントなどを取るようにしましょう。

オリゴ糖を摂取するポイント

便秘解消のためにオリゴ糖をとる場合は、オリゴ糖の中でも消化されにくく、
カロリーの低い「ラフィノース」という種類のものが最適です。
またこれ以外でも、天然で高純度のオリゴ糖を摂取するようにしましょう。

市販のオリゴ糖配合食品などの場合、
純度が低く、高カロリーの場合もありますので注意してください。

また、乳酸菌やオリゴ糖はそれぞれ別に摂取するよりは、
同時に摂取したほうが当然、便秘対策として高い効果が見込めます。

別々で取るのも良いですが、腸内環境を意識するのであれば、
しっかりと意識しておいたほうがいいでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る