2つの食物繊維をバランスよく摂って便秘解消を

一般的にあまり知られていないかもしれませんが、
食物繊維は、厳密には2種類に分けることができます。

そしてそ内の片方のみを取り続けると便秘の症状が悪化することも。
「便秘には食物繊維」といいますが、
正しく理解をして摂取しなければいけません。

食物繊維の分類とその役割

一般的には「食物繊維」とひとくくりにされてしまっていますが、
詳しくは「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類に分類できます。

一般的に”食物繊維”と呼ばれており、ほとんどの人がイメージするのは、
野菜などに含まれているものでしょう。
これは不溶性食物繊維に分類でき、
胃などで消化されにくいという特徴を持っています。
そのため、腸まで繊維が届き便のカサを増やし、腸を刺激する役割があるのです。

対して、一般的ではない水溶性食物繊維は、
海草などに多く含まれている成分です。
名前からも想像できるように水を多く含みやすく、
便をやわらかくする役割を担うほか、
腸内の善玉菌を増加させ、環境を整える効果もあります。

もちろん、食物繊維に2種類あるからといって、
どっちかが便秘には役立たないというわけではなく、
バランスよく摂取することで便秘の解消に、両方とも役立ちますよ。

不溶性食物繊維の取りすぎは体に毒?

便秘解消のために食物繊維を取ろうというのはよく言われていることですが、
実はこの言い方は的確ではなく、厳密には、
「便秘解消のためには2種類の食物繊維を取ろう」
としなければいけません。

なぜなら、不溶性食物繊維ばかりを摂取することは、
便秘の症状を悪化させる原因になるからです。

不溶性食物繊維は確かに適度な量であれば、
便のかさを増やしてくれ、健康な便を作る手助けになりますが、
一方では、水分を含まないという特徴を持っているために、
不溶性ばかりを摂取すると、
そもそも便が硬くなり、便秘につながってしまう恐れがあるのです。

そのため、食物繊維を摂取するときは、
不溶性と水溶性をバランスよく摂取しなければなりません。

このバランスは、
不溶性:水溶性=2:1
が最も適切とされています。

食物繊維を含む食べ物について

では、最適なバランスで2種類の食物繊維を摂取するためには、
どんなものを食べればいいのでしょうか。

下記にその代表的な食べ物を記載しておくので、
参考にしておくといいでしょう。

不溶性食物繊維を多く含む食品

トウモロコシ
さつまいも
きのこ類全般
かぼちゃ
アボガド
ココア

水溶性食物繊維を多く含む食品

こんぶ
わかめ
こんにゃく
寒天
いちじく
イチゴ
※水溶性食物繊維の一種「ポリデキストロース」を加工した飲料水もある

2種の食物繊維をバランスよく含む食品

納豆
ごぼう
オクラ
ライ麦パン

上記をうまく取り入れた食事をすれば、
便秘解消の大きな手助けになるでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る