下剤(便秘薬)を使うことによる副作用の問題

便秘になると、下剤を使用して便を出しやすくする人もいるでしょう。
確かにこれで一時的には楽になりますが、便秘が治ったわけではありません。

多くの人が勘違いしているかもしれませんが、
あくまで下剤は症状を緩和する薬で、便秘を治す薬ではないのです。

下剤で便秘が治るわけではない

風邪になったとき、解熱剤を飲んだからといって、
「風邪が治った」という人はいないと思います。

これと同じように下剤は、あくまで便秘の症状を一時的に緩和するためのもので、
便秘そのものを治す薬ではないのです。

しかしながら、現在ではあまりに便秘の症状が一般化しすぎてしまったため、
多くの人が便秘になったときに下剤を使うようになり、
下剤=便秘薬の公式が出来上がってしまっています。

そして、これが便秘の症状をより悪化させ、
また下剤の副作用で腸の働きをさらに鈍らせることにつながってしまっています。

下剤の中でも大腸に刺激を与えるタイプの下剤を服用すると、
はじめのうちは大腸がその刺激に敏感に反応し、
排便を促すようになります。

しかしこれが習慣化していくと、大腸が刺激に慣れてしまい、
もっと強い作用のある薬や大量に服用しなければ効果がなくなっていくのです。
そして、強い薬を使っても、また腸はこれに慣れていく、
という悪循環を生んでしまいます。

これが下剤依存症で、
下剤を服用した際の副作用の中で最も怖いものです。

あくまで下剤は便秘の症状を楽にするための補助剤でしかありません。
そのことをしっかり覚えておきましょう。

下剤のせいで発症する病気もある

下剤を服用すれば便秘の症状は確かに緩和されます。
そのため、便秘に悩んでいる人にとって、
下剤は非常に心強い薬であると思います。

しかしながら、刺激性下剤を代表とした強い作用のある薬は、
その効果に比例して、強い副作用を起こす可能性もあります。
時には強烈な腹痛や下痢に襲われることもあるでしょう。

そして、先述したように下剤の服用に慣れてしまい、
これが常習化していくともっと深刻な病気を引き起こすことにもなります。

その代表的なものが、大腸メラノーシスです。
これは下剤の使用によって、腸管が黒ずみ、硬くなってしまう病気で、
発病の原因はずばり「下剤の長期にわたる服用」にあります。

この病気にかかると、大腸がうまく便を運べなくなり、
さらに便秘症状は悪化することになります。
また、この病気に確たる治療法はなく、
症状を改善するには、下剤の使用を中止し、
1年間ほど腸の自然治癒を待つほかありません。

アントラキノン系の成分を含む刺激性下剤を常用するようになると、
こうした様々な副作用が表れることもあります。

便秘を治すのに、下剤は強力な助っ人になってくれますが、
それ自体が便秘を治すわけではなく、
むしろ体が正常な状態になるのを妨げることも知っておいてください。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る