ダイエットのために下剤を使うのはやめること

スタイルを気にする女性の中には、
下剤を服用することがダイエットにつながると考えている人もいるようです。

しかし、下剤を使えばダイエットができるというのは大きな間違いです。
それをこれから説明していきましょう。

下剤を使ってもダイエットできない理由

そもそも下剤をダイエット目的で使用する理由は、
「下剤を使って栄養が体に吸収される前に出してしまえば太らない」
というものです。

しかし、実際にはこれはまったくの無意味です。

下剤の効果は基本的に大腸に作用するものなので、
服用して出てくるのは大腸に残っている便です。

しかし、食べたものの栄養・カロリーは、
大腸に至る前の小腸で既に体に吸収されてしまっているのです。

そのため、大腸の便を下剤を使ってだしたところで、まったく意味がないのです。

また、上記のような理由からダイエット目的で下剤を服用する場合は、
食事のたびに下剤を服用するようなことになり、
こうした乱用は下剤依存症につながる可能性があります。

こうした目的での下剤乱用は、ダイエットにならないばかりか、
健康を害することになりますので、絶対にやめましょう。

下剤の使用で太って見える可能性がある

ダイエットのために下剤を使用するのは、
効果の有無に関わらず、スタイルはむしろ悪化すると見ていいでしょう。
これは下剤依存症のせいです。

下剤依存症になると、便がお腹に溜まっているにも関わらず、
便意を感じなくなってしまい、
結果、ガスなどが溜まってお腹が膨れてしまうことになります。

そのため、ダイエットのために下剤を服用しているのに、
スタイルが悪く見えてしまうのです。

しかしダイエット中の女性は、太ることやスタイルの悪化に敏感で、
強迫観念に近いものを感じてしまうため、
お腹の張りを気にして余計に下剤を乱用するようになり、
さらに依存症の悪化を招くということにもなります。

こうした悪循環に陥らないためにも、
ダイエットに下剤を使用するのは避けましょう。
また、もし依存症に陥ってしまった場合は、
速やかに専門医に相談し、その指示のもと、体を健康な状態に戻すのが、
ダイエットへの道といえるでしょう。

便秘解消のために摂りたい成分ベスト3

  • 便秘の人は必ず摂りたい「オリゴ糖」!
  • 慢性便秘の人には「乳酸菌」が効果的!
  • ケフィアの力
ページの先頭へ戻る